カテゴリー「学問・資格」の14件の記事

2016年1月20日 (水)

大正大学TAP講座『やさしくお金について知る(旧マネープランニング)講座』

3年5期目終了

 

20160120_01

 

FP師匠、中島智美先生のお手伝いをさせていただいた後期講座が昨日終わりました。
ここ大正大学は「とげぬき地蔵」、「おばあちゃんの原宿」で有名な巣鴨にあります。
近代的な校舎ビルに囲まれたキャンパスは東京都心らしからぬ穏やかな空間で、学生さんと共に醸し出す空気は清潔感と自由にあふれた大学らしい大学です。

建学の理念がら仏教学部があるのが特徴で、実家がお寺さんという人も少なくなく、そのせいか真摯な学生さんが多い一方、カバディ日本代表を多く輩出するなどの一面も持ちあわせています。

 

自分が社会に出る前に知っておきたかったことを伝える

 

当TAP講座は就職部さんのキャリア支援という位置づけ。
中島先生は10年間FP的アプローチで「マネープランニング(現”やさしくお金について知る”)講座」を担当されてきました。

「自分が社会に出る前に知っておきたかったこと」を「これから社会に出て行く学生さんに伝えよう」をコンセプトに、あまり教えて貰えないお金のこと、年金、社会保険、私的保険、不動産、相続、ワークライフバランスなどなど、社会人に必要な知識と知恵、ライフプランの考え方をお話させていただきました。

お恥ずかしながら自分自身それが知りたくて退職後にFP資格は取ったものの、これからどう進んで行こうか考えていたときご縁あって中島先生にお声かけいただきました。
そして何回か講師をさせていただくうち、徐々にFPとしてやっていけそうな手応えを感じていきました。

なにより、そんな学生さんと一緒にいる事自体が自分にとって大変な刺激になり、頑張ろうという気持ちを保ち続けられました。中島先生ともども本当に感謝しております。

 

まだ人生は1/4、実質4年しか経っていないことを忘れずに

 

おかげさまであれから3年5期が過ぎ、昨日今期講座が終了しました。

----- ここから受講生のみなさんへ -----

まだ人生の1/4しか過ぎていないし、社会生活を自分のこととして考え始めてからは実質4年ほどしか経っていませんよね。

これからいろんなことがあるでしょうが、辛いときは手相の生命線と黒板の線を思い出し、視線を上げ自分を信じて進んでください。

それでも困ったら中島先生に相談すればいいんだから ^^

では、またいつかどこかでお会いできますように・・・

p.s
源泉徴収票もらって確定申告しましょう!(笑)

 

お問い合わせ先


 

 

 

2015年9月 8日 (火)

合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-FP試験直前対策まとめ編

資格試験は合格がすべて!

 

今週末のFP試験本番を控え関連エントリのアクセスが増えてきました。
働きながら勉強するあなたに、少し違った視点からの直前対策まとめをお送りします。

 

1.満点でもギリギリでも、合格は合格!

  合格点と実務は別と割り切り、確実に取れる1点・1問のケアレスミスを減らす。

2.電卓は実務電卓クラスを選ぶ!

  特に大量の計算がある1級(CFP)試験では見直す時間はまずありません。

3.解けなかった過去問の解説をまとめながら覚える!

  解説を簡略にノートに書き写し、間違えたポイントを再確認します。

4.お酒を飲む方は試験1週間前から禁酒を!

  仕事の関係で難しいかもしれませんが、禁酒は記憶面で劇的効果がありました。

5.夜更かしを試験前々日に!

  前日徹夜はNG (^^; こうすると前日は早く眠れます。目標21時就寝。

6.眠くならないように朝・昼食は控えめに!

  試験当日の朝は抜き、板チョコと甘いコーヒーで脳に糖分補給してました。

7.問題文に集中!

  まわりの電卓爆音には気をやらず、目の前の文字と電卓のキーに集中。

8.「なんとしても受かる」という強い気持ち!

  とにかく諦めたら負けです!

 

みなさまの合格を心よりお祈り申し上げます!

 

お問い合わせ先

 

 

 

2015年5月24日 (日)

合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-基本情報技術者(FE)クリア編

叩き上げノウハウを整理してみようと思い立ち

 

20150524_1

 

私が入社した昭和58年当時、汎用機の事務(勘定)系プログラミングはCOBOLの全盛時代。PCはNECのPC-9801シリーズがオフィスに入り始め、エクセルなんかまだカゲカタチも無く、マルチプラン!とかLOTUS-123!!が全盛でした。
いや、もう自分で書いていて感動するくらい古いですね(苦笑)。

そんな54歳のおやぢが、子どもたち世代の現役SEやプログラマーさんたちに混じって基本情報技術者試験にチャレンジ。
やりましたよ、およそ1ヶ月の勉強で一発合格 v(^^)v
というわけで、今回の「過去問ぐるぐる大作戦-基本情報技術者クリア編」のノウハウを公開します。

なお、この試験は春と秋の年2回実施され、午前・午後各2時間半、合計5時間の試験となります。
試験の位置付け、過去問ダウンロードはIPA 独立行政法人 情報処理推進機構のwebページをご覧ください。

 

まずは午前試験対策用テキストを選ぶ

 

どの試験でもまずは基礎知識のインプットが必要です。
今回はインプレス刊「五十嵐順子&ラーニング編集部著 基本情報技術者教科書 平成27年版」を選びました。
ページの作りがシンプルなうえiPhone、Android用の無料「でる語句200」アプリ付き。

20150524_10

20150524_11

20150524_12

さ・ら・に、なんと本書のPDF版も無料ダウンロードできるという、現代eラーニング教材の塊のような作り!インプレスさん、ありがとー(^^)/

とにかく3回読みます。まずは用語に慣れる時期なので、内容は深入りせず読み流してくださいね。

 

午前試験問題解説のスペシャルサイト「基本情報技術者試験.com」

 

20150524_13
※画像クリックでリンクします。

 

はっきり言って、短期合格できたのはこのサイトのおかげです、ぺこり。

過去2年分全4回の過去問をダウンロードしたら一問ずつ確認していきます。
計算問題は設問趣旨を6割がた理解するつもりで、解説を読みながら「紙と鉛筆」で実際にやってみます。分からないときはテキストに戻って確認を!
なお記憶系はあとで詰め込めばいいので、今は読み流しておきます。

ひととおり過去問を回したら2回目の最新回は特に丁寧に解きます。
まだ解説を見ながらで構わないので、設問意図と解法手段がはっきり分かるまで繰り返します。(計算間違いはまだ気にしなくても大丈夫)
このあと残りの過去問を解いていけば、3回目には80点以上取れるようになっているはず。

 

鬼門の午後試験対策

 

あの、正直申しあげますと、ここまでは楽勝と思っていました m(_ _)m

が、現役プログラマー以外の方にとって午後試験の難度はぐっと高いかも。
これが合格率20%程度の理由なんですね。
でも、逆にプログラムコーディングだけでは午前は難しいでしょうし、バランスの取れたなかなか良い試験だなぁと感じました。

さて午後試験をまとめて解説しているwebサイトは残念ながらほぼ皆無。
単発なら「基本情報試験.com」やYouTubeにありますが、まとまったボリュームのものは探せませんでした。

そこで急遽、技術評論社刊「角谷一成+イエローテールコンピュータ・著 基本情報技術者 試験によく出る問題集【午後】を購入することに。
入手から1週間後が試験だったので^^;、午前問題は捨て、もうこればっかりやりました。

 

午後問は午前と違い、毎回違う問題が出題される傾向のようです。
ですので、結果として標準出題範囲となる必須アルゴリズムと選択のプログラム開発に重点を置かざるを得ません。

前者は出題文で使われる「擬似言語プログラム」の表記に慣れることがまず第一。
この試験を受ける人ならプログラムのトレース経験はあるでしょう。
私はこの表記法を初めて見たため、プログラムの動作は理解できるものの、この表記とリンクできずに苦労しました。

・・・未だになじめませんがw

 

最後のハードル「プログラム開発」の選択

 

C、COBOL、Java、アセンブラ、表計算の中から一つ選択します。
自分がさわったことあるのは約40年前のCOBOLか、最近のエクセルしかありません。

過去問を見るとCOBOLの設問は理解できるのですが、実際のコーディング方法やレコードの記述法をすっかり忘れています。
となると残るは表計算なのですけれど、アルゴリズムの「擬似言語」同様、「独特の表計算用語」が使われていて最初はさっぱりできません。
けれど時間的にCOBOLには戻れないので、腹をくくり表計算を選ぶことにしました。

ところで、今や表計算といえばエクセル。でも、この試験はエクセル試験じゃないので関数表記が独特の日本語なんです(; ;)

「垂直照合」、「水平照合」とかはまだしも、「表引き」、「相対」は最後まで苦労しました。
ここは「基本情報法技術者 表計算 関数」などで検索し、早めにその機能を理解することが重要です。

※ヒットしたサイトの転載条件が明示されていないためリンクは載せておりません。

それが分かるようになったらIPA 独立行政法人 情報処理推進機構のwebページで過去問をダウンロードして、該当部分を解きまくる。

 

試験対策まとめとオマケ

 

『午前試験対策』

1.インプレス刊「五十嵐順子&ラーニング編集部著 基本情報技術者教科書 平成27年版」などのテキストを3回読んで用語に慣れる。

2.午前過去問をIPA 独立行政法人 情報処理推進機構のwebページでダウンロード。

3.基本情報試験.comの解説を読みながら2年分の過去問を3回解く。

 

『午後試験対策』

1.技術評論社刊「角谷一成+イエローテールコンピュータ・著 基本情報技術者 試験によく出る問題集【午後】などのテキストを紙と鉛筆で写しながら回答趣旨を覚える。

2.並行して、試験に使われる「擬似言語」、「表計算の関数」を解説しているwebサイトを探し、その用法に慣れる。

3.IPA 独立行政法人 情報処理推進機構のwebページで過去問をダウンロードし、選択するプログラム開発問題を解きまくる。(できるだけ多く)

 

『試験当日対策』

1.問題文を読まずに解けるサービス問題があるので、「塗り絵」の前には落ち着いて選択肢を読み直す。

以上、これから受験される皆さんのお役に立てると幸いです。
頑張ってください!

 

【オマケ】 トイレに貼った換算表↓

20150524_02

 

上記画像のエクセルファイルダウンロード(レイアウトが少し違います)↓

「2進数16進数.xlsx(12kb)」を右クリックでダウンロード

 

お問い合わせ先


 

 

 

2015年5月18日 (月)

基本情報技術者試験に合格

子どもたち世代に混じって挑戦しました!

 

20150518_01

 

ああ良かった、合格ですv(^^)v
一緒に合格されたみなさまもおめでとうございます。
残念ながら次回以後に再チャレンジされる方は頑張ってください。

さて3月に書店さんで「基本情報技術者試験」のテキストを見つけてふと思い立ち、受験を決めて申し込んだとこまでは良かったのですが、実はそれ前半用で後半のプログラム対策は入っていないことに気づいたのが試験2週間前 ^^;
でも、なんとか間に合いました。

具体的な対策方法は『過去問ぐるぐる大作戦 基本情報技術者試験編』として、後ほど公開いたします。試験合格を目指す方の参考になると幸いです。
余談ですがしばらく更新しなかったのは、この結果が気になっていたからでーす。

 

※追記 2015/6/10
合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-基本情報技術者(FE)クリア編

 

おぢさん世代の大健闘

 

20150518_02

 

赤丸が合格者数と合格率で、私の年齢では合格率が30%超。
50人以上の受験者数で合格率30%以上って、ボリュームゾーンの24・25歳以外無いのです。我々おぢさんの頑張りには胸が熱くなりました。

ということで、これから挑戦される方におすそ分けをば。
(『過去問ぐるぐる~』では元のエクセルファイルをup予定です)

 

20150518_03

 

お問い合わせ先


 

 

 

2012年7月15日 (日)

CFP®エントリー研修同期会 【1234会】 その一

初の同期会でご縁に驚く

 

CFP®試験は科目別合格実績がずっと有効なので、自分の勉強スケジュールに合わせて6科目を受験できます。
全科目合格後、続いてCFP®認定エントリー研修を受講します。
内容は「CFP®エントリー研修修了しました。」のエントリをご参照くださいませ。

そして3年以上の実務要件申請が通ると晴れてCFP®認定者となります。
実務要件は必ずしも金融関連業界出身・在籍での実務経験でなくともよく、私は以前からサポートしている遊休地のアパート経営に関する相談経験が認められました。

こうして、おかげさまで7月1日付でCFP®認定者になりました。
届いたCFP®ライセンスカードは退職後に流した汗と涙の証で、大切な大切なお守りです。

Cfpcard

さて私が受講したのは2012年3月4日で、講師をされた栗山先生のご命名により会名が日付と同じ「1234会」となったのは上記エントリのとおりです。

その第一回同期会を昨晩、東京駅八重洲口の居酒屋「素材屋」で行いました。
3連休初日にもかかわらず7名が集まりました。
宴たけなわのカット↓

1234

えー、自分も含めちょっぴり目がギランチョギランチョしてる人がいます。
その訳はちょっとここでは(^^;
あーその原因となったK先生は、この写真見るともう出来上がっていらっしゃいますなぁ(笑)。

こんな感じで5時から盛り上がった宴会でしたが、宴が進んでびっくりしたことがいくつかありました。

まずこの場所を押さえてくださったKNMさんが自分と同郷だったこと。
てっきり関西の方とばかり思ってました、ごめんなさいw。
研修では大学時代アメラグ部と自己紹介されていましたが、高校時代は野球部に所属されていたとのことで、「税理士会のダルビッシュ」の誉れも高き栗山先生と大いに盛り上がってました。

さてその野球部でKNMさんの先輩の柴山さんは、私が通っていた当時の高校で野球部を甲子園に2回出場させた新潟の名監督さんであり、自分の体育の先生でもありました。
ちなみに1回目のときは「56」年ぶりの出場で、OBの山本五十六さんと同じと話題になりました。

で、ですね、実は私がサラリーマン時代たいへんお世話になった講談社情報システム部OBのOGWさんが引退後、「柴山さんとは高田高校の同期なんだよ」と教えてくださったので、ご出身出高校を知ったのであります。
うーん、世間は狭い!

つづいて世間は狭い話の続き。
自分は電気通信大学の出身です。
受験産業的には「偏差値の割には就職率が抜群!」だそうですw。
まぁそれだけOBとのつながりが深いということなんですけど、理系単科大学のため学校自体もコンパクトで学生数も多くはなく、ほとんどの卒業生はメーカー関連に就職します。
ですから自分は密かに

「学校初のCFPかな、むふふ」

と思っていたら、、、

なーんと、講習でロールプレイングの相手をしてくださった、写真左手奥のAKTさんが同窓生だったのですよ、びっくり。
ほんに世間は狭いですねぇ~。

追記 2012/7/19
今回欠席されたMさんのご子息も電通大ご出身とメールをいただきました!
Mさん、次回はぜひご一緒しましょうね。

そしてこの日最も驚いたこと。
CFP®一期生で税理士でいらっしゃる栗山先生が自分と同学年だったこと!
同い年の方がこんなに活躍されておられるのでモチベーションがぐーんと上がりました。
なんだかとても楽しい!

栗山、中島両先生はじめ、「1234会」のみなさま、そしてこれを読んでおられるみなさま、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

p.s
世間は狭い話もういっちょ。
TACでお世話になった児玉先生もCFP®エントリー研修では栗山、中島両先生の生徒さんだったのです!


ご参考
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-CFP®クリア編
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-AFPクリア編
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-宅建主任クリア編

 

お問い合わせ先

 

 

 

2012年5月26日 (土)

合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-宅建主任クリア編

宅建主任の名前は知っていましたが・・・

 

Taku_01

最後の過去問ぐるぐる大作戦は宅建主任編です。

自分は6月のCFP®試験で不動産運用設計が不合格でした。
でも一度は受験すらあきらめかけていたのがまさかの5科目合格!
現金なもので、そうなると全科目一括合格できなかったことが、今度は無性に残念に思いはじめましたw

次回CFP®試験は11月なので、不動産運用設計1科目のためだけに半年勉強するのはちと時間がもったいない気もします。
そこで来年を見据え、CFP®試験とも内容が重なっているらしい人気の宅建主任試験をあわせて勉強しようかと、お世話になったTACの先生方にお礼を兼ねメールで試験結果をご報告したところ、飯塚先生から「今度の10月試験を受けたらどうか」とアドバイスをいただきました。これが7月の終わり。

調べてみると試験は10月半ばですがweb申し込みはすでに締め切られ、郵送のみの受付になっていました。
あわてて朝霞地方庁舎まで申請書を取りにチャリンコを飛ばし、その日のうちに願書をポストに入れました。

ここで一息つけたのですが若干の疑問が。

宅建主任って何? <-オイ

すんません、締切のことで頭がいっぱいで後先かまわず申し込みました(xx)

 

完全独学と腹をくくり、過去問ぐるぐる大作戦を実行

 

TACをはじめ資格学校の講義も終盤で今からは受講できません。
もう独学しかないので、とりあえずググってみました。

さすがに毎年20数万人が受験する資格だけあり、参考書や過去問は豊富で対策webサイトも多いです。
そこで何はともあれ、いつものように過去問を入手し、webサイトを参考書代わりにして勉強することにしました。
選んだのはamazonで評価が高かった住宅新報社の「パーフェクト宅建 過去問10年間」。
プライム会員なので翌日に本が届き、早速年別の問題部分と5年分×2の解答・解説に解体しました。

 

Taku_02

 

こうして問題文・解答と解説を突き合わせていきます。
もっと具体的な勉強法は・「合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-AFPクリア編」をご参照くださいませ。

さてはじめの頃はとても時間がかかるのはお約束、辛抱我慢。
過去問を繰り返すうち、だんだんスピードが上がっていく、はずでしたが、、、

2度3度解説読んでもさっぱり分かりません!? 

FPと全然重なってないよー(;;)
それもそのはず。
後に分かったのは問1から10問ほどは、FPではまず出ない民法だったのです。
そういえば飯塚先生が

「合格のポイントは民法。最近難しいから」

とメールに書いておられたのを思い出しました。
これでは先に進めないので、同じく住宅新報社の姉妹本で基本書の「パーフェクト宅建」を入手し、とりあえず2度ほど読み込むことにしました。

ですがこれ700ページぐらいあるんですよね(苦笑)
それでも1週間かけて目を通していたら何となく全体像が見えてきました。

宅建の問題は大きく4分野に分けられます。

1.権利関係:いわゆる民法でFPとまずかぶりません。

2.法令上の制限:CFP®試験の暗記分野を詳細にした感じ。

3.宅建業法:宅建オリジナル。

4.その他:税金やら贈与など一番FPとかぶるところ。

ところで宅建主任試験は全50問の四肢択一。
過去実績合格ラインは35点前後で合格率は15%ほど。
おおむね8割40得点を目指す感じになります。
ところが1、3からの出題が感覚的に30問ほどなので、なんとかこの分野をクリアしないと合格は望めません。

少しずつ、本当にすこーしずつ勉強を進め、直近5年間の過去問が2回り目に入ったころ、戦略がこれまた少し見えてきました。
3の宅建業法はさほどヒネリの効いた問題は多くなく、覚えればこっちはなんとかなりそう。
一方、1の権利関係=民法問題は法律用語が多く、問題も条文チックな表現が使われているため、とにかくこの表現に慣れないといけません。
そこでこちらに重点を置き、問題文を多く読み込んで違和感を無くすようにしました。

これを読んでおられるあなたも、この苦しいヤマ場を越しさえすれば、解法のコツ

「当事者が誰で、いつ、誰に対し、何をした」

と、設問を時系列で絵にすると分かりやすくなると気づかれることでしょう。
自分は試験1週間前になってようやくそうなったのですが(^^;

思うに宅建主任試験は基本暗記です。
50になっていた自分が一番苦手なとこでしたが、コツコツやったのがよかったようで後のCFP®不動産運用設計試験は余裕をもって受験することができました。
こちらは残る計算問題を中心に勉強すればよかったので。

余談ながら、最初に受験したAFP試験から早1年半が経とうとしています。
が、時間をかけて覚えた知識は若いときに比べ忘れるのが遅く感じられます。
こういう衰え方はいいものですなぁ(笑)

 

当日の試験会場で起きたハプニング

 

最後に試験会場について。

FP試験会場は電卓を叩く爆音でいっぱいですが、宅建試験会場は正反対でほとんど物音がせず、殺気立った静けさのなかでの受験となります。
もちろん電卓は持ち込めません。

一方トイレなど途中退出は自由なので(もちろん許可はいりますが)、不幸にして出入口に近い座席になった方は、試験官に「退出時はできるだけ静かに出入りしてもらうよう」試験前に話してもらうことをお勧めします。

私のとき出入り口に近い方がそれでぶち切れ、試験中なのに5分以上も大声で文句を言っていました。
まぁ気持ちは分からなくはありませんが、その行動自体も他の受験生に対して迷惑だったのですけどね。

そんなこともあるので、たまには学校帰りの中・高校生が集まる時間にマックなどのうるさい環境で勉強して「免疫」をつけておくのもアリだなと思います。
ではみなさんの合格をお祈り申し上げます。
頑張ってください。

努力は裏切りません。(それがいつかは別として)

 

   

 

お問い合わせ先

 

 

 

2012年4月 1日 (日)

合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-CFP®クリア編

50歳の門外漢でも、なんとか合格できました!

 

このエントリはAFP(2級FP技能士試験)試験合格後、日本FP協会の試験でCFP®を目指すみなさんにむけ、両試験の違いとその対策について備忘録をかね書きました。

なお検索エンジンからこのページをご覧になっている方は、

・「合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-AFPクリア編」

具体的な勉強方法がありますので、よろしければそちらを先にお読みくださいませ。

要は「過去問をひたすら解きながら覚える」ことです。

※AFP、CFP®については日本FP協会のホームページをご覧ください。

Cfptxt_01

まずは2級FP技能士試験に見事合格し日本FP協会にAFP登録申請されたみなさん、遅ればせながらおめでとうございます。まもなくライセンスカードが届きますね!

嬉しかったなぁ・・・

 

あの頃は、日本も自分も・・・

 

自分は23年1月の2級FP技能士試験が自己採点で合格圏だったため、合格発表前でしたが1月末から始まるTACのCFP®教室講座の基本・応用講座を申し込み、受験勉強を再開しました。

基本講義を何回か受けたころ、妻が体調不良で急遽入院し、受験まっただ中の一浪の兄と中二の娘の面倒をみる主夫生活が始まってしまいました。

病院通いの合間に講義に出席していたら、、、今度はあの3/11が。
そして数日後、病院と学校から「食材が確保できなくなった」との連絡があり、やむなく妻の実家に一家で避難することにしたのですが、娘の学校行事の都合から2日後には二人で帰ってくることに。

このころは精神的にも肉体的にも疲れ果てており、
「6月の受験は無理かなぁ」と諦めかけていました。

転機は兄が予備校の授業開始に合わせ3月末に戻ってきたことでした。希望大学合格を目指し苦難の二浪を選び帰ってきた兄。
思うに自分はCFP®になることが退職後の最大目標だったなぁ・・・

いま勉強できることが幸せ、やれるだけ努力してみよう。
「オヤヂの背中」を二人の受験生にちょっとは見せないと(笑)

 

こんな主夫生活が2ヶ月ほど続きましたが、GW前には体調の戻った妻が帰宅し、ようやく自分も集中して過去問の勉強に入ることができるようになりました。
(このころ自分を支えてくださったT専務、KNさん、本当にありがとうございました)

と、ここまでの日記ご容赦。

受験結果は予想外にも5科目合格で、残った不動産運用設計は次の11月試験でクリア。
また不動産運用設計は宅建主任試験と勉強範囲が「一部」重なっているとのTAC飯塚先生のアドバイスをお聞きし、CFP試験前の10月には宅建主任試験も受け、こちらも合格できました。(追って宅建クリア編としてUpします)

ということで今日は4月1日だからまだ2ヶ月ちょっと時間は残ってます。ここから十分追い込めるので、決してあきらめないでくださいね。

 


試験概要

 

AFP(2級)は午前2時間の学科試験と午後2時間の実技試験を1日で受験します。
一方CFP®試験は下記スケジュールで実施されます。
※日本FP協会のHPから抜粋※

 

20160513_01

 

全50問で解答方法はAFP学科試験と同じ四肢択一式。ただし設問は実技試験パターンです。そして全科目受験者は連続2週に渡る長丁場となります。

できればAFP試験から間をおかず、全課目の一括受験をお勧めします。記憶が新しいうちにと、法令改正によって新旧法を混同しないためです。
もちろん課目別合格が可能なので数回に分けても受験できます。

 

CFP®試験は過去問、過去問、また過去問が合格へのけもの道

 

CFP®試験は範囲の広さもさることながら、計算量が非常に多く複雑なので

「電卓をいかに早く正確に扱うか」がAFP試験以上に重要です。

業界ご関係者でしたらAFP試験は過去問に頼らずともなんとかなるかもしれませんが、CFP®試験においては上記の理由から過去問攻略なしには合格は難しいと思われるので、やはり過去問を短時間(目標1時間!)で解く練習が必須です。

※ 少なくとも試験2か月前にはテキストを離れ、問題の傾向を分析するとともに電卓の超早押しに慣れてください。

↓このクラスの実務電卓をおすすめします。画像はカシオのDS-20WK

Img_0524

 

 

ところがですね、お探しになった方も多いでしょうが、CFP®試験の過去問や解説がまとまったサイトが無いのです(;;)

AFPだとファイナンシャルプランナーになる! 2級FP技能士無料ポイント講座
などの素晴らしいサイトがあるのですが。
(1級実技は日本FP協会のHPでDL可能)

Cfptxt_02

 

したがってまずは過去問を入手しましょう。
自分は日本FP協会発行の過去問集を各課目直近3回分、TAC八重洲校(現東京校)の売店で購入しました。一冊800円。(校舎によっては品揃えが少ないところもあるので、早めに調達しましょう)

問題と解説だけの薄い本も重ねるとこの通り、iPhone4超えてますw
6課目だとこの量になるので何も考えず(?)、とにかくどんどん解きましょうね!

Cfptxt_03

 

なお冊子は問題と解説の2分冊にすると使いやすくて便利です。分かれ目のページを左右にぐっと開きカッターナイフで切り離し、バラけぬよう背にはテープを貼り補強します。

さて過去問学習の進め方はAFPと同様です。
詳しくは・「合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-AFPクリア編」をご覧ください。

イメージはこんな感じ。

 

140530_01

 

この「最新回」~「最前回」の並び順を入れ替えながら繰り返します。最初の数回は時間もかかりキツイと思いますが、いずれ出来るようになりますよ。

※急がばまわれで、もし時間に余裕があれば初めは最新回のみ繰り返し、8割以上取れるまで追い込むと後々楽になります。

※一部抜粋
解くのは×マークが付いた問題のみにし、ノートには問題番号と計算式、解答を記入します。

ここで間違っていたら赤ペンでメモ程度にポイントを短く記入しましょう。
長い文章はNG。この赤字を見て問題文が思い出せるようになれば最高です。
続いて同じ回をもう一度やり、間違いを再確認して次の回に移ります。

また、どうしても間違えてしまう自信のない問題は、テキストを抜き出し、データ化して移動中にiPhone4で繰り返し読んでいました。かたちを変えた記憶法は、スポット的には効果が高いと感じます。いずれにしても空き時間を有効に使いましょう。

試験直前までには1回1時間で終わるように目指します。それでも本番では制限時間ぎりぎりになり問題を見返す余裕なんて無いので、とにかく1発回答で先に進むことが重要です。

 

※追記 2014/9/16
何年かごとに全く新しい問題が出題されることがあります。
しかし解ける人は少ないでしょうから、割り切って運を天に任し、見慣れた傾向の問題に注力しましょう。

 

CFP®試験科目をグループ分けすると

 

次に勉強のウェイトについて考えてみます。

・全課目に共通する知識が「タックスプランニング」

まずここをしっかり抑えましょう!
ほかは個人感覚的で「計算系」と「その他」に分けられるように思います。

・計算系は「リスクと保険」+「金融・資産運用設計」

ざっくり言うと、理論や規則の基本を抑えると対応しやすいグループ。
特に後者の理論系はコツが分かると意外に解きやすいかも。

・その他は「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」、「不動産運用設計」、「相続事業承継」

このグループは残念ながら記憶・計算の両方とも重要です(涙)
計算系に比べ、少し多めに勉強時間をとりましょう。

それから本試験1ヶ月くらい前に行われる資格学校の模擬試験はぜひ受けましょう。
仮に結果が芳しくなかったとしてもまだまだ時間はあるのであきらめずに!
できなかった問題は出題意図をよく理解しましょう。特に法令改正関連の問題は要チェック!

さぁ、それでは今から試験日を基準としてカレンダーに過去問攻略の逆進行スケジュールを書き込み、合格目指して頑張ってくださいね!

そうそう、試験問題は回収され、模範解答も示されないので自己採点できません。
なので合格発表まで、あるいは過去問発売まで自分ができたかどうかサーっパリ分からないのであります。

p.s
お酒にはくれぐれもご注意(苦笑)

 

※追記 2015/9/8
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-FP試験直前対策まとめ編

※追記 2015/6/22
2015年春試験終了時点ですが、数回前から問題冊子は持ち帰り可能になりました。

※追記 2015/6/5
特に金融・資産運用設計は「理系」試験の傾向があります。このタイプは過去問の解答方法をそのまま覚えるのではなく、「解答パターン」を覚えることがコツです。
具体的には、数式を見て「固定部分」と「可変部分(パラメータ)」を意識します。
数式は「丸暗記部分」と「変わるかもな部分」を分けながら覚えましょう。

ご参考
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-AFPクリア編
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-宅建主任クリア編

 

お問い合わせ先

 

 

 

2012年3月 4日 (日)

CFP®エントリー研修修了しました

もしかしたら濃い先生だったかも!?

 

Cfp_kensyuu

※CFP(R)エントリー研修事務局の資料より抜粋

今日は平成23年度第2回CFP®エントリー研修の集合研修日でした。
CFP®資格試験の全6課目に合格したら当研修を受講し、修了時に配られる実務経験申請書を申告して日本FP協会の認定を受け、必要書類を送付すればCFP®ライセンスが交付されます。

研修は事前に通信研修課題の小冊子が与えられ、所定の期日までに提出すると追って集合研修の受講票が送付されます。
主な課題はFPのコンプライアンスに関するもので、提出した課題は実務研修終了後に添削され講師講評とともに郵送返却されます。
なお集合研修は当日のみで試験はありません。

私たちの場合、研修生は18名(?)ずつに教室分けされ講師お二人が担当されました。
担当は税理士でCFP®一期生の栗山先生とCFP®の中島先生

最初にガイダンスが30分ほど。
ここで栗山先生が、よもやの関西オチ自己紹介!
前職の営業時代、大阪の書店さんに鍛えられた自分はナニワ風ボケツッコミに脊髄反射、この瞬間から高田馬場会場は自分の中で「なんばグランド花月」となりましたw

みなさん、うるさい観客ですみませんでした (xx)

続いて参加者の自己紹介に。
流れを引き継いだ最初のKNMさんの自己紹介がこれまた大ウケ!
続く方々も味わいあるご挨拶が多く空気がどんどん和らぎます。
なんだかこのクラス楽しい!

ちなみに多くの方が保険・証券・不動産関連業種(あるいはOB)で、自分のように他業種ご出身は元高校の先生がおひとりでした。

そして45分×2コマの講義が始まりました。
内容はテキストの趣旨をふまえた体験談で、とても現実的です。
どちらかといえばテキストどおりに進む宅建主任登録実務講習とはずいぶん趣が異なります。これで午前終わり。

午後は指定のペアを組み、事前に与えられたお題を、FP役と相談者役に分かれ20分間のロールプレイング。
相談者役には追加詳細情報ペーパが渡され、FP役が相談者のそこに隠された相談内容をいかに引き出すかが真の目的になります。

20分経過後、ペア代表2組が皆の前で8分間の個別相談を再現をして講師の講評を受け、続いて息の合った講師の模範演技を見て個人の感想を発表する運びとなります。

※追記 3.5
ナニワのおっちゃん風相談者を見事にいなしながらも決めるところはきっちり決める、まるで王道プロレスのような受けを体現された中島先生、プロに対して失礼ながらもGJ!
さすが弟さんがプロレスラー(^^)/

そして設問が変わり、役目も交代して2セット目に。
このときの模範演技は、おひねりが飛び交うかと思わんばかりの素晴らしさ。
内容は、、、ナイショ。

その後は締めのお話とアンケート、実務申告用紙記入説明を経て解散となるのですが、地なんだか演技なんだか分からない、模範演技(としておきましょうねw)を披露されたナニワの税理士兼CFP®の某先生から同期会設立のご提案があり、一番反応してた私が初代幹事の大役を仰せつかることになりました。
かくもさまざまな芸達者衆の幹事が自分でいいのかなぁ(^^;

同期のみなさま、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ちなみに栗山先生の命名で

同期会の名前は「1234会」となりました。
今日は2012年3月4日なので「1234」!

でも帰りの電車で気づいたのですが、ナニワ風発音だとたしかに

「いちにぃーさんしかい」

とゴロがいいのですが、ここは関東なので

「ぃー」

が抜けていまいち納まりがよくないのですよ。

そこで関東風に
「12の34会」
としたらどうかなぁと思う次第です。
同期のみなさま、ご意見お聞かせくださいませ。

※追記 3.5
一晩たって思いなおしました。
やっぱり「いちにぃーさんしかい」がぴったり。
また「笑いは体を浄化する」を実感した今朝のめざめでした。

以上でご報告を終わりますが、それにしても

あー楽しかったv

ご参考
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-CFP®クリア編
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-AFPクリア編
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-宅建主任クリア編

 

お問い合わせ先

 

 

 

2012年2月 5日 (日)

宅建主任登録実務講習修了

講義自体は分かりやすいけれど・・・

Photo

 

1月末の30、31日で受講した宅建主任登録実務講習の修了書が届きました。
あとは県知事に登録申請することで主任者証の交付が受けられます。

さてこのエントリは登録実務講習修了までの備忘録です。
これから実務講習受講を考えている方のご参考になると幸いです。

実務経験が2年に満たない(というかしたことない)私の場合、この講習を修了することで実務経験2年以上とみなされ、主任者証の交付申請が可能になります
なお宅建合格実績はずっと有効なので、いつでも実務講習は受講可能です。

講習は複数の機関が国の委託を受け実施しています。
私は不動産流通近代化センターを選びました。
12月も末になり調べたところ、通える場所の講座がほぼ3月半ばまでどこも満杯!
ここだけ1月末が空いていたので、webで滑り込み申し込み。
※webで申し込めるところは限られます。

 

Tx_2

申し込み翌日、早速資料が届きました、早ッ。
下段は講習開始までの自習用、上段が講習用。
このほか実務案内紹介のドラマ仕立てDVDが付いてます。
髪形やファッション、クルマやオフィスの小物になど、突っ込みどころ満載で楽しめますよ。

通信学習は、そのDVDで実務概要を知るところから始め、下段左の「宅地建物取引業務の知識」を学習しながら、その脇の「通信講座用練習問題」を開講までの約1か月間で仕上げるというステップ。

この「~知識」は宅建受験用テキストを掘り下げたもので相当内容が濃く、本来は現場に出たときの確認用かなぁという印象を持ちました。
一方「~問題」は宅建試験のおさらいという感じで4択全50問、提出不要。
これが解けるようにしておけば事前準備はOKかと思います。

いよいよ講習当日。
ざっと見渡すに全65人のうち欠席数名。宅建試験と違い年齢層は若いです。
学生さんらしき人と女性も10人以上いらっしゃいます。
なお講師の多くは長年不動産に携わっていた銀行系OBのようです。

さてさて久々の終日講義はきつかったです。
初日は朝9時から18時まで、講義間・昼食休憩を挟んでギッシリ!
講義は上段左のテキストに沿って進められ、右のワークブックを完成させていきます。
内容は宅建試験のおさらいと、上・下水道配管図などの実務資料や重要事項証明書・契約書の見方、書き方なので難しくはありませんでした。

余談ですが、資料に出てくるサンプル地図が昔勤務していた護国寺近辺。
しかも売主が「近代さん」と、退職後に大変お世話になった、これまた音羽の会社さんの名前が登場し、講師の方がキンダイさん、キンダイさんと連呼するので、一人笑いを堪えるのに必死でした。
とどめは、初日最後の講師が営業時代の後輩に顔と話し方がそっくりで、とうとう肩を震わせてしまい、回りの方に怪訝な目で見られました。

仕方ないじゃなーい、音羽勢勢揃いなんですから~(^^;

ということで初日修了。
翌2日目は15時半まで講義が続き、いよいよ最後の登録実務講習修了試験を迎えます。
問題はマークシート○×30問と穴埋記述40問を60分間で回答。
各8割以上の正解で修了試験合格となります。

 

試験は講義で使ったテキスト、資料、ワークブック持込可なので
みなさん安心して受講・受験しましょう(^^)v

 

早ければ試験翌日の夕方にはwebで発表され、それから2日ほどして冒頭の修了書が普通郵便で届きます。

ライセンスカードでないしフツーの紙に印刷されているので、いまいちありがたみが、、、(^^;

 

さ、登録申請に行きますか!

※宅建受験料:7,000円、実務講習受講料:20,500円、登録手数料 41,500円(うち登録37,000円、交付4,500円) 2012.2.5現在

 

ご参考
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-宅建主任クリア編
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-CFP®クリア編
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-AFPクリア編

 

お問い合わせ先

 

 

 

2012年1月16日 (月)

合格めざして! AFP試験直前対策編(冬季受験版)

追記1・18
試験を早々と終え退出する方は、ほとんどが資格学校講師などのプロ。
ビックリせず、引き続き落ち着いて受験しましょう。

寒い日が続いていますが、みなさまお体ご自愛くださいませ。
このエントリはAFP試験直前ならびに試験当日の対策について、実体験によるアドバイスです。ご参考になれば幸いです。

はじめに、不幸にして勉強が計画通り進まなかった方へ。
ここまできたら過去2回分の解説を必死に覚えましょう。
テキスト追うのはもってのほか、直近の問題と解答(と解説)を暗記することです。
あきらめず、ぎりぎりまで粘りましょう!

なお今回は現行法令対応の最終設問回と予想されます。
このチャンスを逃さぬよう頑張ってください。

続きまして当日の対策をば。

この季節とても寒いですが、朝起きたら暑いシャワーでアタマとカラダを起こす方法があります。
ただ湯ざめには気をつけて!
薄着より厚着。会場が暖房で暑ければ脱げるように。
また足元だけ冷えることがあるので、靴や靴下は保温効果が高いものにしましょう。

初めて受験される方なら最寄り駅到着は一時間前がいいと思います。
会場までゆっくり歩きカラダを目覚めさせましょう。
もしアタマがすっきりしないようでしたら、缶コーヒーなどカフェイン飲料をコンビニ等で仕入れておき、試験会場入室直前に飲みましょう。
トイレ対策もお忘れなく。

午後の実技を考え、お昼は抜くことをオススメします。
米など炭水化物を取ると一時間後くらいに強烈な眠気がくるのでご注意ください。
私はゼリー系栄養ドリンクで凌いでいました。
チョコを食べて糖分補給する手もありますよ。

それではみなさん合格目指して頑張ってください!

P.S
わたくし当日都内某会場付近でカロリーメイト配ってまーす、もらってね!

ご参考
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-CFP®クリア編
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-AFPクリア編
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-宅建主任クリア編

 

お問い合わせ先

 

 

 

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazon