スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ


カテゴリー「パソコン・インターネット」の122件の記事

2018年7月 5日 (木)

Windows 10 Home 1803アップデート後に立ち上がらず

April 2018 Update後のハングアップ

 

20180617_01_2

 

※追記 2018/7/23
当初問題なかったのですが数日経って同じ症状に戻ってしまいました。
ちなみに10復活後にWindows7をデユアルブートしたものはまったく問題ありません。

※当記事は約1か月間のトラブルシューティング備忘録で、解決策とまでは言えない内容ですのでご容赦くださいませ。

約8年前に作った自作デスクトップ(GIGABYTE GA-E7AUM-DS2H MBRディスク)は1709まで問題なく動いていましたが、1803自動アップデート後起動不可に。

最終的には復旧したのですが、おそらく6月末頃公開された累積修正プログラムで不具合が解消されたのではと推察しています。

 

Diskpartコマンドでも修復できず

 

毎回上図の状態で止まり、再起動を繰り返すと「0xc000000e」エラーのブルースクリーンになります。

 

20180705_01

 

diskpartで確認するとドライブレターがずれています。

 

20180617_02_2

 

そこでドライブレター変更後にBootrecコマンド、スタートアップ修復を試みるもNG。Windows標準のバックアップからのリストア、クリーンインストールでも状況変わらずでした。

この際UEFIマザーボードに変えようかと物色していたところ、もしかしたらと当初使っていたHDDに入れ替え、Windows10にアップグレードした直後のAomei Backupper のバックアップを戻して自動アップデートしたら復旧しました。
(使用時間が長かったので別なHDDにクローンしていた)

たまたま累積修正プログラムの公開時期だったからかも。

・・・ なんだかよく分かりません。

とりあえず今はハングアップ前の2.5インチディスクにクローンして問題なく動作しています。

復旧後のバージョン情報↓

 

20180702_03_3

 

Windows標準バックアップでも回復できないことがある

 

そもそも「BIOSなので動かなくても当たり前」、なのかもしれませんが、捨てるのはもったいないので頑張ってみました。

今回の教訓はWindows標準のバックアップでも回復できない場合もあることでした。
いずれにしてもこのような状況に備えたシステムまるごとバックアップは必須ですね。

なお、この状況を見て残り2台のWindows7マシンを1803にアップグレードしたところ、いずれも問題なく動作しており、体感速度も向上したと感じております。

しかしながら標準の10はデスクトップアプリ中心で使うには余分な設定などがあまりに多く、チューンナップは必須ですのでそこもお忘れなく。

ご参考エントリ ↓バージョンは古いですが基本的な使い方は変わりません
ディスクまるごとバックアップ編 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

 

お問い合わせ先


 

 

 

2018年4月20日 (金)

Appleや楽天を装うフィッシングメール

一見すると本物のようですが

 

20180420_01

 

最近お問い合わせの多いフィッシングメールです。
身に覚えのない楽天ショップの買い物確認メールやApple IDのセキュリティ質問再設定が代表的。

 

20180420_02

 

そしてメール下部の問い合わせや再設定リンクをクリックすると本物そっくりなページに誘導し、IDやパスワードの入力を要求して情報を抜き取る手口です。

決して進んではいけません、とっとこ削除しましょう。
なおアンチウイルスソフトによってはリンク先を遮断してくれる、かも?!

 

よく見ると To に表示されているメールアドレスが違う

 

私の場合【ic~】は@niftyのメールアドレスで、楽天やAppleの登録IDではなく、ここで怪しいと気付きます。
しかし、もし@niftyのメルアドを使っていたら分からないでしょう。

Gmailはスパムフィルターが優れていて、このようなメールは自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられるので目に触れることはほぼありません。

その他のメーラーでは振り分けられない場合も多いので、できれば早めにGmailに移行されることをお勧めします。どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

お問い合わせ先


 

 

 

2018年3月26日 (月)

Windows10 オプションの選択画面を出す

セーフモードもここから

 

20180326_00

※Windows10 HOME バージョン1709で解説

Windows10のCreaters Updateで画面真っ暗、マウスカーソルだけが表示され固まってしまうPCのご相談がありました。

その修復過程で使った「オプションの選択画面」の出し方です。
この「トラブルシューティング」ではセーフモードをはじめ様々なツールが使えます。

 

操作はログイン画面から

 

【STEP1】 [Ctrl]+[Alt]+[Delete]でこの画面を出し、[Siftl]を押しながら右下[電源マーク]をクリック。

 

20180326_01

 

【STEP2】 「再起動」をクリック

 

20180326_02

 

これで冒頭の「オプションの選択画面」に入れますから、セーフモードを使うなり様々なトラブルシューティングツールが試せます。

なおいずれにしてもバックアップは必須です。万一に備え、修復後は「AOMEI Backupper」などでのシステムまるごとバックアップを強くお勧めします。

 

ご参考エントリ ↓バージョンは古いですが基本的な使い方は変わりません
ディスクまるごとバックアップ編 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

 

お問い合わせ先


 

 

 

2018年2月 9日 (金)

Windows Updateが失敗を繰り返すなら「トラブルシューティングツール」

Windows10の標準ツール

 

20161216_01

※Windows10 HOME バージョン1709で解説

Windows10は連続してWindowsUpdateが失敗することがあります。
私の感覚では一昔前のマシンをアップグレードしたもので起こりがち。

これ何が嫌かというと、失敗はもちろん、バックグラウンドで繰り返されるダウンロードとインストールのリトライなんですね。

余計なPCパワーは使いたくないのですが、引っかかっかているもの以外にも新しい更新プログラムは追加されるので、これでWindows Updateを止めると逆にリスクが高まるため、できるだけ早く解決したいところです。

 

「トラブルシューティングツール」の使い方

 

Windows10標準の「トラブルシューティング」はかなり使えるので、お困りでしたらまずは「トラブルシューティングツール」を使ってみましょう。

【STEP1】 右下吹き出しマークから「すべての設定」

20180209_01

 

【STEP2】 「更新とセキュリティ」

20180209_02

 

【STEP3】 メニュー左側「トラブルシューティング」

20180209_03

 

【STEP4】 「Windows Update」をクリックして「トラブルシューティングツールの実行」

20180209_04

20180209_05

 

【STEP5】 確認中。時間がかかることがあるので、作業は余裕あるときに

20180209_06

 

【STEP6】 「この修正を適用します」

20180209_07

 

【STEP7】 「トラブルシューティングツールを終了する」

20180209_08

 

【STEP8】 「STEP2」に戻り「更新プログラムのチェック」をクリック。すべて更新できれば完了、お疲れさまでした。

 

お問い合わせ先


 

 

 

2018年2月 3日 (土)

「G Suite Migration for Microsoft Outlook」でWindowsメールをGmailへ移行する

「G Suite Migration for Microsoft Outlook」で出来ること

 

20180203_01

 

グーグルの「G Suite Migration for Microsoft Outlook」でWindowsメールをGmailに移行した備忘録。

今回は電源が入らず立ち上がらなくなったVistaから取り出したデータが入っているUSBハードディスクを使った作業でした。(幸いにもデータは全て正常)

なお、当ツールではWindowsメールから直接Gmailに移行できないので、まずOutlookに移行し、そこからGmailに移行するという2段階手順になります。

※画像はGoogleの「「G Suiteヘルプページ」から引用

 

Windowsメールが動くVista PCで作業

 

作業手順は以下のとおりです。

1.移行先のGmail(グーグル)アカウントを作る(既存アカウントでも可)

2.作業用Vista PCで新しいユーザを管理者として追加

3.そのユーザでログインしてOutlook2007にWindowsメールデータをインポート

4.「G Suite Migration for Microsoft Outlook」をダウンロード&インストール(英語ページ)

5.「G Suite Migration for Microsoft Outlook」を実行

6.Gmailで移行したデータを確認 

 

「G Suite Migration for Microsoft Outlook」の使い方 (Version 4.0.117.0)

 

メッセージに従いインストール。この画面が出たら移行先のGmailアドレスを入力して「実行」。(ここでキャンセルしても後で実行可)

20180203_02

 

そのアカウントをクリックし、次のウインドウでGoogleパスワードを入力してログイン。

20180203_03

 

アクセス許可画面で「許可」クリック。

20180203_04

 

移行元を確認。プルダウンでpstも選択できます。
今回は「すべてのデータを移行」にチェックを入れ「次へ」クリック。

20180203_05

 

移行するデータを選び「移行」クリック。

20180203_06

 

進捗画面が出るので終了するのをひたすら待ちます。終わったらGmailを確認。

20180203_08

 

主な注意点

 

・メールは元のフォルダ構造どおりのラベルが付きます。

・移行後、新規受信メールの振り分けはラベルの設定が必要。

・同様に他のメールをGmail経由で送受信する場合はアカウントを追加。

・メール件数が多いと相当時間がかかるので充分な余裕を。(今回は半日以上)

 

過去データの参照だけならOutlookまでにしておく手も

 

Gmailはとにかく検索がラクなので、新旧メールデータをシームレスに管理したい場合などに向いています。

しかし過去メールを参照するだけなら、メールアカウントを設定せずに新しいバージョンのOutlookに移行したまま使うのもオススメです。

メールを多くのフォルダに仕訳していた場合、Gmailではラベルが多すぎて逆に使いづらくなるので。

以上です。それではみなさま快適なPCライフを!

 

お問い合わせ先


 

 

 

2018年1月28日 (日)

「楽天ブロードバンド」と「楽天ブロードバンドプレミアム」は別会社

ケータイからスマホの乗り換え契約に立ち会い

 

スマホの選び方、料金プランのアドバイスを経て、AUケータイからドコモiPhoneへの乗り換え契約に立ち会いました。

それ自体は問題なく進み、最後に現プロバイダ支払い分もドコモ一括請求にする変更手続きをして無事終了、したはずが・・・

後にドコモショップとドコモ契約センター(?)を巻き込み混乱するのですが、それにはプロバイダ吸収合併の特殊事情がありました。

 

個人なのに法人契約?

 

お客様の自宅回線はフレッツ光なので、

「今の通信機器を変えること無くこの場でドコモ光に契約変更でき、請求もドコモ一括でプロバイダ料金も安くなり、2年間500円/月の割引も使える」

というので、これも合わせてお願いしました。

ところがその数日後、ドコモ契約センター(?)からお客様に

「法人契約なので回線変更できない」と電話がありました。
(その結果、一括請求に変更できない・・・筆者註)

とりあえず現プロバイダ「楽天ブロードバンドプレミアム」に確認してもらうと

「間違いなく個人契約」

とメール返信がありました。

そこで再びショップへ行き、あちこちのプロバイダに確認すること2時間超 ^^; ようやく原因が分かりました・・・

 

GOLのプロバイダ統合による誤解が招いた法人契約

 

お客様は外国の方で、約20年前から「GOL」プロバイダを使っていました。
当時の日本で英語マニュアルがあったのはここだけで、それなりにユーザは多かったそうです。

この「GOL」は後に「フュージョン(オンライン)」、そしてさらに現在の「楽天ブロードバンドプレミアム」に吸収合併されました。

「楽天ブロードバンドプレミアム」はもともと法人対応プロバイダとして立ち上がったようですが、このような経緯から一部の個人ユーザも含まれるようになったと思われます。

これが契約センター(?)の「楽天ブロードバンドプレミアム」=「法人」という認識に繋がったようです。

 

問題を整理すると

 

ドコモショップ経由であちこちに確認し、時には直接尋ねながら^^; ようやく「楽天ブロードバンド」と「楽天ブロードバンドプレミアム」は別会社で、問い合わせ先が違っているとショップ担当者に説明できました(苦笑)。

つまり「今のプロバイダが法人契約なので回線変更できない」

ではなく、

請求統合できるプロバイダではないからドコモの一括請求はできない」

というのが問題の本質でした。ちなみにドコモ一括請求でなければ回線変更は可能です。

今回は「法人契約」がキーワードで、

  1.そもそもこの指摘が違っていた

  2.ショップ担当者も自分も「楽天ブロードバンドプレミアム」は「楽天ブロードバンド」のオプション契約のひとつと思い込んでいた

というのが混乱に拍車をかけた一因ですね。

ちなみに最終的には元のフレッツ契約のままにし、現「~@gol.com」のメールアドレスを「~@gmail.com」に移行する方向で調整することになりました。

いやはや、皆さんお疲れさまでした ^^;

※これらのやり取りで費やした時間のほとんどは各プロバイダサポート窓口の電話待ちでした・・・

 

お問い合わせ先


 

 

 

2017年12月21日 (木)

Win7 更新プログラムの確認ができないのでマニュアル修復

サービスは起動しているのだけれどNG

 

20171221_01
※画像が荒くてすみません

お客様のWindows7でWindowsUpdate「更新プログラムの確認」ができない事象を修復しました。

確認するとWindowsUpdateのサービス「wuauserv」は起動していて、サービスを再起動しても画像のように「更新プログラムの確認」ボタンが反応しません。

そこでMicrosoftコミュニティで紹介されている記事を参考に修復したのでご紹介します。

※当記事の内容は危険が伴うため、あえて簡略化しています。

 

管理者権限でコマンドプロンプトを実行

 

20171221_03

 

以下のコマンドを1行ずつコピペして入力、実行します。

net stop wuauserv

cd %systemroot%

ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold

net start wuauserv

net stop bits

net start bits

net stop cryptsvc

cd %systemroot%\system32

ren catroot2 catroot2old

net start cryptsvc

 

リネームトラブル発生するも

 

しかし9行目でトラブル発生。リネームできず弾かれてしまいました。

 

20171221_02

 

これは7行目の net stop cryptsvc コマンドを再入力後に9行目実行で解決しました。その後念のためPCを再起動し、「更新プログラムの確認」が実行できました。

以上です。それではみなさま安全で快適なPCライフを!

 

お問い合わせ先


 

 

 

2017年9月19日 (火)

注意! CCleaner v5.33.6162にマルウェア混入

該当する方は至急アップデートを

 

20170919_01

 

今朝7時前、いつものようにPCを立ち上げ作業に入ろうとしたら、一瞬見慣れぬ警告メッセージが出ました。

それはアンチウイルスソフト「ESET」の削除メッセージで、対象は会社員時代からほぼ10年使い続けていて、現在もシステムメンテで重要な位置づけにある「CCleaner」の一部機能に関するものでした。

このソフトは薬で言えば劇薬にあたり、使い方を間違えるとシステム破壊につながるのでこれまでご紹介は避けていました。
それもあり、あ・え・て、詳細解説はいたしません(ごめんなさい)。

ご興味ある方はマルウェア混入から現在に至るまでの経緯が窓の杜の記事にあるのでご参照下さいませ。

http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1081368.html

該当される方はすみやかなアップデートを強くお勧めします。

 

お問い合わせ先


 

 

 

2017年7月30日 (日)

東芝R632/28GK Windows10 0xc0000034エラー修復

最近のWindows10 アップデート後にブルースクリーン

 

Photo

 

20160629_01
※下の画像は同症状の別機種から

 

『東芝T55/76MB 0xc0000034エラー修復』をご覧になった東京都のH様から修復ご依頼いただきました。
既にWindows10にはアップグレード済みでしたが、最近Windowsアップデート後にブルースクリーンが出て起動しなくなったそうです。

UEFI上でSSD(mSATA)は認識されておりハード障害ではないようです。
ではブートファイルの破損修復を行います。

 

SSD修復はバックアップから

 

Ecae5ea0723842fc8e1d75ba4fd3986f2

 

当機種はウルトラブックでSSDモデルです。SSDはハードディスクと違い一瞬で全データ消失のリスがあるため作業前のバックアップは必須です。

同じ理由で復旧後もディスク全体のバックアップが望ましく、ご相談のうえUSB3.0の外付けHDDドライブをご用意いただくことになりました。

まずは『Ubuntu』で立ち上げ重要なファイルのバックアップを取ります。
この時点でWindowsインストールファイルの存在も確認できたので第一段階クリアです!

※当モデルは裏面パネルを外さないとSSDは取り出せません

 

スタートアップ修復は最新のインストールディスクから

 

1

 

キーボードの「0(ゼロ)」キー(かな入力の[わ])を押して起動するハードディスクリカバリ機能から『スタートアップ修復』を試しましたが回復できません。

次にコマンドリカバリを使ったのですが、画像のようにWindowsインストールが行方不明で回復しません。

そこでMicrosoftの公式ページで最新のWindows10のディスクイメージをダウンロードし、16GBのUSBメモリにインストールメディアを作成して立ち上げ、その『スタートアップ修復』を使ったところ回復できました。

考えてみれば標準のリカバリ機能はWindows8対応と思われ、バージョンを合わせないといけないのでしょう。
※インストールメディアは青のUSB3.0ではなく2.0に挿しブート

 

起動後はシステメンテナンスを

 

とりあえず起動できたのでフルバックアップを取ろうとしたらファイルに不整合があるようでできません。
やむをえず基本的なシステムチューンナップを行ったところフルバックアップできました。

その後、残るシステムメンテナンスをしたのですが、最新の「Windows 10 Creators Update(バージョン1703)」だけどうしても更新に失敗します。

これは他機種でも見られ、強制マニュアル更新すると立ち上がらなくなったことがあるので、今回はご相談のうえしばらく様子を見ることにしました。
(アップデートプログラム自体(ビルド)の更新で治るケースがあります)

こうして最後にこの状態をフルバックアップして作業を終えました。

なおアップグレード(8->8.1->10->10A_upd->10C_upd・・・)を重ねると、ストレージが細かく分割されてしまい、この辺も不具合原因になっているような感じもします。
このような環境のPCは、いずれクリーンインストールが必要になるかも。

※クリーンインストール例

Win10_clean

 

ご参考エントリ(現在はバージョンが変わっていますが基本操作は同じ)
ディスクまるごとバックアップ編 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

 

※当作業はデータ消失の危険が伴いますので自己責任でお願いします。
もちろん修復作業も承っておりますので、よろしければお気軽にご相談下さいませ。
(遠隔作業ではなく、お預かりになります)

 

お問い合わせ先


 

 

 

2017年5月18日 (木)

ランサムウェア『WannaCry』用セキュリティ更新プログラム(KB4012598)を手動更新する

XP、無印8、Server 2003は手動更新しないと出来ません

 

※Windows 7、8.1、10などサポート期間中の製品は2017年3月のMicrosoft Updateで対策済みです。なお、その場合でもアンチウイルスソフトは常に最新にすることを強くお勧めします。

 

20170518_00

 

パソコン内部を暗号化してロックをかけ、解除用コードの購入を促すという、いわゆる「身代金ウイルス」と呼ばれるランサムウェア『WannaCry』が猛威を奮っていると報道されています。

その影響は世界中に及び、Microsoftはサポートが終了しているXP、無印8、Windows Server 2003 用のセキュリティ更新プログラムを特別に配布し始めました。

でも、これらは手動で更新するしかありません。
更新そのものは簡単ですが、どうすれば良いか今ひとつ分かりづらいので解説します。

 

ポイントは「KB4012598」で検索することから

 

更新対策プログラム本体は「KB4012598」です。
該当するXP機などでダウンロードすること自体のリスクを考えると

①7や8.1あるいは10で検索し、該当OS用の更新プログラムをダウンロード

 ※↑上図参照 XP用なら「WindowsXP-KB4012598-x86-Custom-JPN.exe」
 ※ ダウンロード元が「Microsoft ダウンロードセンター」であることを要確認

②ダウンロードしたファイルをウイルスチェック済みで容量少のUSBメモリーにコピー

 ※事後にも念のためUSBメモリーのウイルスチェックを!

③該当するXP機などのデスクトップにコピー

④ダブルクリックして更新し再起動

という手順が安全と思います。以下はXP用のインストール画面です。

 

XP用更新プログラムのインストール手順

 

①該当OS行のリンク先画面で「ダウンロード」クリック

20170518_04

 

②ファイルを保存クリック(通常はダウンロードフォルダに入ります)

20170518_05

 

③更新プログラムを該当PCにコピーしてダブルクリックしメッセージに従って進む

20170518_06

 

お金を支払っても元に戻る保証はありません!

 

お金(ビットコイン)を払っても元に戻る保証は何もありませんし、また支払いの痕跡が残ること自体のリスクも考えられます。
そのため万一感染した場合は完全なバックアップから戻すのが安全な方法です。

これまで何回かご案内しておりますが、再インストールからの復旧は手間と時間がかかります。
外付けハードディスクに完全なバックアップがあれば早目に復旧できますので、まだの方はご検討されてみてはいかがでしょう?

ご心配でしたら遠隔で状況確認もいたしますので、お気軽にご相談くださいませ。

それではみなさま楽しく安全なPCライフを!

 

ご参考エントリ
ディスクまるごとバックアップ 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』
ディスクまるごとリストア 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

 

お問い合わせ先

 

 

 

より以前の記事一覧