カテゴリー「グルメ・クッキング」の7件の記事

2014年8月25日 (月)

『まじゃく』の唐揚げ

博多のベストつまみ!

 

20140825

 

博多に行ってきました。
サラリーマン時代に九州を担当したときから数え約10年ぶり。
工事中だった駅ビルもすっかりきれいになっていてビックリ! @@
しかし定宿にしていた駅前天然温泉付きホテルは昔のままで、しばし懐かしさにひたりました。

 

今回福岡に赴任していた知人から藤崎の「ろばた焼き 磯貝」を教えてもらったのですが、残念ながら旅程が合わず、本店プロデュースの天神駅すぐそば「博多漁家磯貝 しらすくじら」へ行ってきました。

 

ここで味わったのが珍味殿堂入り『まじゃくの唐揚げ』!
アナジャコの一種で、有明海の干潟で採れるものを『まじゃく』と言うらしく、厳密にはシャコとは違うのだそうですが姿形はそっくりです。

 

ホヤをマイルドにしたような磯の香あふれる味なんだけど、パリッとした殻の食感と相まって焼酎が進むこと進むこと ^^;
東京丸の内には磯貝が、渋谷ヒカリエにはしらすくじらの支店があるので今度突撃しようかな。

 


お問い合わせ先

 

 

 

2014年8月23日 (土)

『かふぇうらら』でavast無料版の不具合出張修理

まずは本日のランチをいただく

 

20140824_01

 

今日はFPのお師匠さんである中島智美さんのお店『かふぇうらら』で出張パソコン修理。
腹が減ってはなんとやら、まずは本日のランチをいただきます。
こちらでは数名の現役主婦シェフさんが日替わりで料理を作っていて、この日はKさんが担当です。

 

かふぇうららでは無農薬の地場野菜を使う(ときには薬膳も)ランチを出していますが、今日もあっさり系ながらしっかりとした素材の味と食感が味わえる美味っぷり。
薬膳とか自然食と聞くと薄味(というか味が無いw)イメージがあるのですが、さすが少林寺拳法埼玉チャンピオンオーナーのお店、それらとは対照的なしなやかで骨太のお味です。

 

実は私、吹奏楽命な娘のお弁当係なんですが、うーむ、この味は自分では出せんなぁ。
シェフさんにおかず作って欲しい ^^;

 

無料のアンチウイルスソフトavastが原因の模様

 

20140824_02

 

さてお仕事に移って。
お聞きしていた通りWindowsは立ち上がるものの、少し動かすとこのようなブルースクリーンが出て止まってしまいます。

 

調べてみるとavast無料版の不具合のようです。
しかしアンインストールしようとするとブルースクリーンになり消せません。
最終的にはセーフモードで余計なサービスを止め、レジストリメンテナンスをしてアンインストールできました。
その後は各種チューニングを施し、avast無料版も再インストールし作業終了です。

 

※なお、今回はハードディスクデータの不具合も見受けられたため、一晩のお預かり作業とさせていただきました。

 

作業も終わったのでシェフさんランチ制覇を目指しまーす(^^)v
ごきげんよう。

 

お問い合わせ先

 

 

 

2013年7月18日 (木)

旭川旅行-後編 らぅめん青葉

名店の味を堪能

 

Img_1684

大好評のうちに終演した旭川遠征。
その
公演で東海大高輪台の畠田先生が「2杯食べた」と話されたのを聞き行ってきました。
旭川ラーメンの名店「らぅめん青葉」さんです。

※畠田先生は所さんの
笑ってコラえて!」で見たことある人もいらっしゃるかな?

P1000813_2

醤油ラーメンをいただきましたが、「いちいの宿」の食事を思い出すような、体にしみわたる美味しさでした

あぁ、あの味が思い出されるぅ、食べたい(笑)


マスターのお嬢さんは、今回ムスメたちがお世話になった名門旭川商業吹部のOGさんだそうで、しばし吹奏楽部生活の話で盛り上がり、記念に写真を撮らせていただきました

さて、お店
に戻ると誰かが私を呼んでます
おぉ
(@@)、ユーロ遠征でご一緒し、今回も同行されていた名前が1文字違いのカメラマン、ハラさんです

Img_1686

ハラさんは全国をまわって吹奏楽部の撮影をされており、旭川商業さんも何度か担当されていて、青葉さんではカオでした。
聞くと今日は私と同じ旭川泊、夕飯をご一緒しましょうとなりました。

上の画像は
ハラハラコンビでジンギスカンの名店「大黒屋」さんにて鯨飲馬食直前の図w

ハラさんおススメだけあってここもメチャメチャ美味しかったです。
各種ラムはもちろん、ホントに甘いスイートトマトのサラダや〆の鍋焼きパンがgood!
こうして二人でたらふく飲み食いしても7千円ちょっとと驚きの安さでした、素晴らし。

ところで心残りがひとつ。
旭川と言えば塩ホルモン
なかでもディープと評判の「馬場ホルモン」に行きたかったのですが日曜休み。
モツ好きなら琴線触れまくりのこの風情、残念(xx)

P1000952

それにしても旭川では人に恵まれて楽しかったです。本当に思い出深い旅となりました。

さてさて次の大型部活追っかけは秋の島根。なんだかまたまた楽しくなりそうな予感が ^^

 

お問い合わせ先

 

 

 

2013年7月14日 (日)

旭川旅行-前編 いちいの宿

食事のおいしさ、行き届いた清潔さ、心あるおもてなしに感動

 

Img_1661

この顔がすべてを物語っております(^^; 視線の先にはまだ雪の残る旭岳が。

P1000925_2


6月末、娘の吹奏楽部が旭川の演奏会に招待されまして、マイルもたまっていたので追っかけてきました。北海道は20数年ぶり。夏の北海道と旭川も初めてです。

日程がタイトだったので、到着翌日の午前中に旭山動物園に行き、午後イチで市内に戻れる宿を探していたら2011、2012年と、楽天トラベルアワードレジャー部門を2年連続受賞した宿が見つかりました。

夏薔薇の名産地、当麻町の薔薇の館、「いちいの宿」さんです。

P1000920

ちなみに前の道路に出て左右を眺めると、でっかいどーを実感します。

P1000921

上が右向いて、下が左向いての図。

P1000922

空港と旭山動物園へは無料送迎、動物園の入園券と薔薇風呂も付いた1泊2食1万3千円のプランを利用しました。

Img_1658


ご当地の生けバラとバラの掛け軸が飾ってある和室が今日のお部屋。
とにかくすみずみまで清潔感にあふれたアットホームなお宿です。

また口コミでも絶賛されているとおり、素材の良さを生かした料理は素晴らしいの一言。
特に地場の野菜は味が濃く、甘いんですよー。

それから海には面していないもののさすがは北海道、お造りはじめ、毛ガニやボタンエビなどの魚介類も最高でした。これがまたマスターおすすめの男山純米酒にも合うんですよ(笑)

前菜とお造り↓

Img_1660

このあとのお品書き

・パンデグランタン(くりぬいたパンの中にカニのクリームグラタン入り)
・富良野牛サーロインのローストビーフ(ビーフシチュー)野菜添え
・天ぷら(タラバ蟹や旬の野菜ど)
・ちらし寿司
・蟹汁
・自家製デザート

食べてると自然にウヒョヒョ笑い声が出てしまいます。
あれ?お隣からも笑い声が。
これがきっかけとなり、そのあと楽しく会話させていただきました。

大阪からいらしたというご夫婦はマイカーで北海道めぐりをされていらっしゃるそうです。
お二人の雰囲気は穏やかで和やかで、とても素敵な方でした。

またいつかここで再会できるといいなぁ。

 


雰囲気、味、ボリュームとも大満足な食事を満喫し、部屋に向かおうとしたときに廊下の奥が明るいのに気づき寄ってみました。

そこにはこの素晴らしい食事を作ったママさんが、明日旭山動物園に納品する「あざらしプリン」つくりをしていました。

Img_1665s
Img_1665l

お話をお聞きしたら

「以前あるお店でトマトスパゲッティを食べたら体にしみわたる感じがしたんですね」
「素人なんですけれど、いつもそういう味を心がけています。お口に合いましたか?」
と、にっこり
私も(^^)

いつか老親を連れ、家族でまた来たいなと思った旭川の夜でした。

オマケ1
薔薇風呂でもニッコリ

Img_1657

オマケ2
こちらの美ニャンコ

Img_1666

 


※追記 2013/11/14
とても嬉しい「いちいの宿」さんからのコメントをいただきました。

 

お問い合わせ先

 

 

2012年12月16日 (日)

惜しまれながらも閉店した志木の名店「鳥一」が「鳥三」になってリニューアルオープン!

待ってましたよ鳥三さん!

 

Photo

 

知る人ぞ知る、埼玉は東武東上線志木駅前の名店「鳥一」についてはこちらのエントリで
・志木駅南口 営業48年のモツ焼き屋「鳥一」さん、まもなく閉店

 

「鳥一」閉店から約8か月。「ニュー鳥一」あらため「鳥三(とりぞう)」さんがオープンしましたv(^^)v
写真は仕込中の新マスター。
たまに前マスターもお手伝いに来ているそうなので、運が良ければ「仙人」に会えるかも?!

えー食べ物、飲み物とも増えてます。写真のプラ板メニューのほか、写ってないけど懐かしの長椅子もありました。
残念ながら黒電話と絵画とNHKラヂヲ第一放送はナシ。
あ、網が新しくなってます(笑)

しばらく月曜お休みとのことなのでお気をつけください。
それから2階(!)が改装中なので、とりあえず1階でのみ営業。
なんでも新マスター自ら内装やってるそうですよ(◎◎)!
再びあの味が堪能できて幸せな昨日でした。

なお場所は前鳥一から徒歩1分ぐらいのとこです。
地図上は「酔所」となっていますがいずれ更新されるかな。
ではみなさんお店でお会いしましょう(^^)/~~~

※地図中央やや上、一方通行三叉路左の三角形のとこです。

 

 

追記 2012/12/17
Torizo

phote by モツ師匠
お店の外観です。看板は「鳥一」のままですね(^^)

 


 

2012年6月22日 (金)

長州風の子ラーメン

これぞ本物の味!

 

昨晩の出来事など。

 

Kazenoko

 

画像左はサラリーマンとしてお世話になった光文社から2004年に発行された光文社新書「江戸前『握り』 東京・世田谷『あら輝』のつけ場」です。

 

福岡ご出身で「あら輝」のご主人「荒木さん」が、わざわざ車でラーメンを食べに来るお店がここ、埼玉は朝霞の「長州風の子ラーメン」

今は銀座で営業中の『あら輝』はもちろん、以前の世田谷(上野毛)だって、もちろん私は行ったことありません(^^;
でも、ここ地元朝霞のラーメン屋さんなら安心とw、昔から通ってました。

写真中央は「とんこつ塩」。
ここのスープは超濃厚なのにあっさり食べられ(<-なんか表現ヘン)、ボリューム感抜群なのに胃もたれしない不思議でおいしいラーメンです。

今年3月、娘に中学卒業プレゼントとして小林幸子コンサートw(素晴らしかった!)へ行った帰り、ここに連れてったら「おいしい」と、とても気にいったようでした。
でもその後は毎日部活で帰りが遅く行けません。
ところが昨日、めずらしく早上がり(といっても9時半すぎ)できるので久々食べたい、というのでお迎え帰りに食べに行ってきました。

10時過ぎにお店に入りメニューを見ていたら、そこに現れたのは中3のときの担任で、とてもお世話になったYHG先生!
そしてなんと、こちら、同級生INGTくんのご両親とご尊父のお店だったことが判明!

(お店まで我が家から徒歩30分以上で標準学区も違っていたのでノーケアでした)

ほんにまぁ世間は狭い。
ご縁はまっこと不思議ですねぇ~な朝霞の夜でした。


※元会社のTGRさんのお嬢さん、SORさんも同級生でしたー (^^)/

p.s
23時ごろなのにトンコツラーメンをライス付きで食べるYHG先生の後ろ姿を写メって同級生にバラマイていたのはムスメでーす(笑)

p.s2
いくら胃もたれしないっても、飲んだあとのラーメンは30過ぎると肥えますよ(xx) > YHG先生

 

お問い合わせ先

 

 

 

2012年3月18日 (日)

志木駅南口 営業48年のモツ焼き屋「鳥一」さん、まもなく閉店

《朗報》 「鳥一」あらため「鳥三」、2011年末オープン!

Img_0622_2
Tori1_0
Tori1_00 <-画像提供byモツ師匠(add 4/14)

※看板の「鳥」の字をよくよく見るとものすごく凝ったデザインです!
 そういえば閉店間際に教えてもらった焼酎の銘柄、大五郎風の器でしたが中身は海童の黒!
 そしていまさらながら「鳥」の字の上にある「ときの里」が気になり検索すると...

 石川の「朱鷺の里」?
 ちなみに朱鷺は新潟の県鳥でもあります、たしか。
 マスターの謎かけに満ち満ちたお店だったのかも。

 こんなオトナになりたいと、51歳のオヂさんは切に思う。

e-Taxの記事を書いていましたが、長くなりそうなのでこちらから。
ここは東武東上線志木駅南口徒歩1分にあるモツ焼き屋「鳥一」さん。
この地で48年営業されてきましたが、マスター闘病治療のため、惜しまれながらもこの3月いっぱいで閉店します。

Img_0624

じゃじゃーん、もしかしたらWeb初公開!?

追記3/30 食べログの桑畑三十郎さんが初公開と思われます。
追記4/14 桑畑三十郎さんは最終日にお会いできました!しかし世間は狭っ(笑)
      ↓名刺(データ提供byモツ師匠)とマッチ。マスター20代。

Tori1_1 Tori1_2 Tori1_3

この趣ある仙人のような方がマスターです。
厨房から顔を出されている方は、この味を引き継ぎご近所で営業を再開される新マスター。
お店に流れるラヂオNHK第一放送を聞きながら七輪でモツを焼き、ホッピーを飲めば至福な時間が過ごせます。
もちろんクーラーなんて無いから、夏はTシャツ+短パン+ビーサンがここでの正装(笑)

Img_0630
  Img_0632

歴史を物語るグッズ。もちろん現役です。

そしてこのお店で私が一番気に入っているもの↓
※照明 by マスター

Img_0628

志木電子書籍の社長でモツ師匠の京谷さんに連れられ縄のれんを初めてくぐったとき、写楽と並んで飾ってあったこの絵画にとても惹かれました。
どこか懐かしい風景のような...
マスターに聞いてみると、新潟は十日町の雪融けを描いたもので、後ろに見える茅葺の家がご実家だそうです。

同郷の先輩でいらっしゃいました。

のちにルーブル美術館!の館長になられた方(故人)の作で、日本に留学されていたとき、当時早稲田の学生さんだったマスターがお声かけし、ここでホームステイされたとのこと。


雪国の方ならおわかりと思いますが、長い冬がようやく終わり、山が一気に緑色に変わる直前の風景です。
春の訪れを実感するこの時期は、一年でもっともわくわくするときでした。

ふと気がつくと、自分はこの地にもう26年間住んでいます。
雪国で過ごした18年をとっくに越してますね。
先週数年ぶりに一家で帰省しましたが、昨年からの歴史的大雪のため関越道から見える景色はまだまだ白く、この絵のようになるまではもう少しかかりそうです。

春はもうすぐ♪

私ごとですが、我が家の受験生二人も進学先が決まり、自分も本格的にファイナンシャルプランナーとして活動を開始します。
「1234会」をはじめ、みなさまこれからもどうぞよろしくお願いします。

※マスターお元気で!

 

お問い合わせ先

 

 

 

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ