スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ


« 『AKAMARU(MRDB)』をWindows10に移行 その1 | トップページ | 2019年になってエクセル2010に不具合が出たらKB4461627を削除 »

2018年11月 9日 (金)

ウインドウズアップデートは起動時の手動確認がおススメ!

更新プログラムの有無をチェック

 

4

 

※Windows 10 HOMEで説明しています

PCシャットダウン時に青い画面に白文字で

「Windowsを構成するための準備中 コンピューターの電源を切らないでください」

と出て、電源が切れずに困った経験がある方は少なくないでしょう。

ちなみにここで電源を切ると次回立ち上がらなくなってしまう可能性が大です。

 

PC起動時にWindows Updateの有無チェックを習慣に

 

Windows 10 HOMEは自動でWindows Updateをチェックしダウンロードする仕組みなので、通常は更新タイミングが選べません。

そのため立ち上げ時にWindows Updateがあるかどうかをチェックすることで、作業終了時の予期せぬ更新待ちが減らせるのでお勧めです。

手順は

①画面右下の吹き出しマーク

1

②すべての設定

2

③Windowsの設定画面の「更新とセキュリティ」

301

3

④「最新の状態」になっていても下の「更新プログラムのチェック」をクリック

4_2

 

このとき「インストール中」ですと表示されれば、そのまま終了を待ちましょう。
(他の作業は避けるのが無難)

 

春・秋の大型更新時は要注意!

 

Windows 10は毎年春・秋に大型更新されます。
場合によっては作業終了の

「Windowsを構成するための準備中 コンピューターの電源を切らないでください」

のメッセージが消えるまでに数時間かかる場合もあります。
そのため、この季節はPC作業終了(数時間)前に再チェックすることもおススメします。

更新プログラムの実行タイミングをコントロールすることは難しいですが、更新プログラムが動く可能性があるかどうかは分るので、心と時間の準備ができる場合もあるでしょうから。

最後に繰り返しますが、PCが止まっているように見えても

「Windowsを構成するための準備中 コンピューターの電源を切らないでください」

のメッセージが出ている間はじっと待つのがベストですよ。
それでは安全で楽しいパソコンライフを!

 

お問い合わせ先


 

 

 

« 『AKAMARU(MRDB)』をWindows10に移行 その1 | トップページ | 2019年になってエクセル2010に不具合が出たらKB4461627を削除 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウインドウズアップデートは起動時の手動確認がおススメ!:

« 『AKAMARU(MRDB)』をWindows10に移行 その1 | トップページ | 2019年になってエクセル2010に不具合が出たらKB4461627を削除 »