スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ


« Windows Updateが失敗を繰り返すなら「トラブルシューティングツール」 | トップページ | Appleや楽天を装うフィッシングメール »

2018年3月26日 (月)

Windows10 オプションの選択画面を出す

セーフモードもここから

 

20180326_00

※Windows10 HOME バージョン1709で解説

Windows10のCreaters Updateで画面真っ暗、マウスカーソルだけが表示され固まってしまうPCのご相談がありました。

その修復過程で使った「オプションの選択画面」の出し方です。
この「トラブルシューティング」ではセーフモードをはじめ様々なツールが使えます。

 

操作はログイン画面から

 

【STEP1】 [Ctrl]+[Alt]+[Delete]でこの画面を出し、[Siftl]を押しながら右下[電源マーク]をクリック。

 

20180326_01

 

【STEP2】 「再起動」をクリック

 

20180326_02

 

これで冒頭の「オプションの選択画面」に入れますから、セーフモードを使うなり様々なトラブルシューティングツールが試せます。

なおいずれにしてもバックアップは必須です。万一に備え、修復後は「AOMEI Backupper」などでのシステムまるごとバックアップを強くお勧めします。

 

ご参考エントリ ↓バージョンは古いですが基本的な使い方は変わりません
ディスクまるごとバックアップ編 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

 

お問い合わせ先


 

 

 

« Windows Updateが失敗を繰り返すなら「トラブルシューティングツール」 | トップページ | Appleや楽天を装うフィッシングメール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/66539650

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10 オプションの選択画面を出す:

« Windows Updateが失敗を繰り返すなら「トラブルシューティングツール」 | トップページ | Appleや楽天を装うフィッシングメール »