スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ


« 「G Suite Migration for Microsoft Outlook」でWindowsメールをGmailへ移行する | トップページ | Windows10 オプションの選択画面を出す »

2018年2月 9日 (金)

Windows Updateが失敗を繰り返すなら「トラブルシューティングツール」

Windows10の標準ツール

 

20161216_01

※Windows10 HOME バージョン1709で解説

Windows10は連続してWindowsUpdateが失敗することがあります。
私の感覚では一昔前のマシンをアップグレードしたもので起こりがち。

これ何が嫌かというと、失敗はもちろん、バックグラウンドで繰り返されるダウンロードとインストールのリトライなんですね。

余計なPCパワーは使いたくないのですが、引っかかっかているもの以外にも新しい更新プログラムは追加されるので、これでWindows Updateを止めると逆にリスクが高まるため、できるだけ早く解決したいところです。

 

「トラブルシューティングツール」の使い方

 

Windows10標準の「トラブルシューティング」はかなり使えるので、お困りでしたらまずは「トラブルシューティングツール」を使ってみましょう。

【STEP1】 右下吹き出しマークから「すべての設定」

20180209_01

 

【STEP2】 「更新とセキュリティ」

20180209_02

 

【STEP3】 メニュー左側「トラブルシューティング」

20180209_03

 

【STEP4】 「Windows Update」をクリックして「トラブルシューティングツールの実行」

20180209_04

20180209_05

 

【STEP5】 確認中。時間がかかることがあるので、作業は余裕あるときに

20180209_06

 

【STEP6】 「この修正を適用します」

20180209_07

 

【STEP7】 「トラブルシューティングツールを終了する」

20180209_08

 

【STEP8】 「STEP2」に戻り「更新プログラムのチェック」をクリック。すべて更新できれば完了、お疲れさまでした。

 

お問い合わせ先


 

 

 

« 「G Suite Migration for Microsoft Outlook」でWindowsメールをGmailへ移行する | トップページ | Windows10 オプションの選択画面を出す »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/66374111

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Updateが失敗を繰り返すなら「トラブルシューティングツール」:

« 「G Suite Migration for Microsoft Outlook」でWindowsメールをGmailへ移行する | トップページ | Windows10 オプションの選択画面を出す »