« ご家族いっしょにスマホレッスン | トップページ | Windows Update 更新プログラムの確認が終わらない 2016/8/19全面改稿 »

2016年5月20日 (金)

Windows10アップグレードの強制予約を取り消す

アップグレードが強(悪)化!? ☓で閉じるだけでは止まりません

 

20160520_01

 

もはや怨念さえ感じるWindows10アップグレード勧告!
通常の設定ではとうとう強制予約されてしまう模様です。
でも、もしこのような画面が出ても予約は取り消せるのでご安心ください。

なお8と8.1のユーザーさんにはアップデートをお勧めしています。

 

更新15分前でも大丈夫

 

20160520_02

 

アップグレード15分前でも赤丸をクリックして取り消せます。
予約変更を示す文字を探してクリック、下記の画面を表示させてください。

※ 一度予約を変更しないと②の取り消しリンクは表示されません

 

20160520_03

 

次の画面で取消せばOKです。

 

20160520_04

この他にもいろんなバリエーションがあり、これでもかとアップグレードさせられそうになります^^;
そして万一、10への更新が始まったら途中で止めずに終了を待ちましょう。
途中で中止すると起動できなくなることもありますし、アップグレードから31日以内なら前のバージョンに戻せます。
なおアカウントを追加した後では戻せなくなるなどの制約もあるので、戻すならアップグレード後すぐにやりましょう。

戻し方をMicrosoftのページから抜粋します。
その他注意事項もあるので、一度オリジナルページも確認されてください。

Windows 10 にアップグレードしてから 1 か月以内であれば、[設定][更新とセキュリティ] にある [回復] から、以前のバージョンの Windows に戻すことができます。この場合、個人用ファイルは保持されますが、アップグレード後にインストールしたアプリやドライバーと、設定に加えた変更はすべて削除されます。

※手順は簡単ですが、設定が完全に戻らず、後にドライバーインストールなどの修正が必要となる場合もあります。

 

ご参考 更新案内を出さない根本対策はこちら(※時折復活するのでご注意)

1.『「Windows10を入手する」を消す』
            +
2.『GWX.exeの停止 「Windows10を入手する」を消す2 Update回避』

3.『「Windowsの最新バージョンを今すぐインストールします。」を消す』

 

また、これを機会にパソコン全体のバックアップが簡単高速にできるフリーウェアのバックアップソフトの導入もお勧めします。

ディスクまるごとバックアップ 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

 

もちろん10へのアップグレード、前のバージョンへ戻す、アップデートさせないなどの作業もお受けしています。電話、メールにてお気軽にお問い合わせくださいませ。

料金:2万円
 ※Windows7はメーカーが10にアップグレード可能としているものを基本としますが、機種によっては対応いたします。
 ※Windows10無償アップグレード期間はWin8、8.1オリジナル機のみ特別料金1万円。

なお作業はソフトをインストールしない「チームビュア」による遠隔操作で、全国対応しますのでみなさまのご用命を心よりお待ち申し上げます。

 

お問い合わせ先

 

 

 

« ご家族いっしょにスマホレッスン | トップページ | Windows Update 更新プログラムの確認が終わらない 2016/8/19全面改稿 »

お仕事のご依頼」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/63657310

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10アップグレードの強制予約を取り消す:

« ご家族いっしょにスマホレッスン | トップページ | Windows Update 更新プログラムの確認が終わらない 2016/8/19全面改稿 »

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ