« ディスクまるごとバックアップ 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』 | トップページ | 「インターネットセキュリティと終活」セミナーは世代を超えて »

2016年2月22日 (月)

ディスクまるごとリストア 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

起動用ディスク(ブータブルメディア)の作成

 

20160222_06

 

ディスクまるごとバックアップ 『AOMEI Backupper Standard』 に続き、このエントリはリストア(書き戻し)方法を紹介します。

手順では下記の3から4です。

1.ディスクバックアップ

2.バックアップファイルのリネーム(名前の変更)と移動 <-前回まで

3.事前に作成済みの起動ディスクから起動 <-今回ここから

4.復元

※リストアするPCでブータブルメディアを作成しないと起動時エラーの場合があります。

「ユーティリティ」-「ブータブルメディアの作成」に進みます。次の画面で「Windows PE」をチェックし「次へ」。メッセージ画面が出たら「次へ」。

 

20160222_07

 

メデイア選択はDVDドライブが無難。メディアをセットして「次へ」

20160222_09

 

ドライバ確認画面が出るので「はい」。

20160222_11

 

しばらくすると起動用ディスクが出来ます。

 

3.作成したディスクでPCを起動

 

もしディスクから起動できない場合、起動優先順位をCD/DVDが一番になるよう、PCの説明書をご覧になり変更ください。またリストア時はPCとハードディスクは必ず電源接続します。

 

20160222_14

 

しばらくするとメニュー画面が出るので「Restore」に進みます。なお表示は全て英語になります。
画面の指示に従いバッククアップしたファイル「~.adi」を選び、リストア先を指定して進みます。

※リストア先がSSDなら最下行にチェック(画面はクローン作成から流用)

20140901_05

以上です。処理が終わったら周辺機器を外して再起動するとあ~ら不思議!以前とまったく同じ環境に戻りました^^

追記 2016/6/7
リストア後、最初のWindowsUpdateにとても時間がかかることがあります
一晩待ってみるくらいでお考えください。

追記 2016/6/22
Windows Update 更新プログラムの確認が終わらない

その1
ディスクまるごとバックアップ編 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

クローンするなら
ディスクまるごとコピー 『AOMEI Backupper Standard 2.0』

 


お問い合わせ先

 

 

 

« ディスクまるごとバックアップ 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』 | トップページ | 「インターネットセキュリティと終活」セミナーは世代を超えて »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/63248190

この記事へのトラックバック一覧です: ディスクまるごとリストア 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』:

« ディスクまるごとバックアップ 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』 | トップページ | 「インターネットセキュリティと終活」セミナーは世代を超えて »

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ