スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ


« 下取用SIMなしiPhone4sのパスコードロックが外れずDFUモードで初期化 | トップページ | インターネットセキュリティと終活~楽しく便利で安全にPC・スマホ・タブレットを使う~ »

2015年12月20日 (日)

MRDBの今後について延命策を考えてみる

3つの問題点

 

※追記 2017/5/18 ご参考エントリ
ランサムウェア『WannaCry』用セキュリティ更新プログラム(KB4012598)を手動更新する

 

20141212_01

 

このところMRDBシステム移行に伴うCSVデータ抽出のお問い合わせが増えています。
そこでMRDBの今後についてまとめました。ご担当者さんの参考になると幸いです。

なお、ここでは『MRDB V6.0(以下V6)』ベースのスタンドアロン、またはファイル共有システムについて述べています。『MRDB NE』も基本的には同じだと推察してますが、はっきりしないので考慮しておりません。

※追記 2016/2/18
EDK作成分も特殊なケースに付き考慮しておりません。

現状は大きく3つの問題があると思われます。

1.システム改修のサポート体制
2.古いOSのセキュリティリスク
3.PCあるいはファイルサーバーの老朽化

では、ひとつずつ考えていきましょう。

 

1.システム改修のサポート体制

 

MRDBデータベースファイルの拡張子は「.mdb」ですが『Access』では開けません。
システム改修やデータ確認は『開発版MRDB』環境が必要で、パッケージ製品は通常『実行専用版』のため詳細解析できません。

※「.mdb」はMRDBのデータベース本体である「表(テーブル)」の集合体

また「処理(プログラム)」の拡張子が「.meo」の場合は実行専用形式なので開発版でもプログラム解析できません。「.mex」なら大丈夫です。

このためMRDB開発環境が確保できるかどうかが最初のポイントになります。

なお多く使われているであろう『V6.0』はレビジョン10と熟成していて致命的なバグはまず無いし、既知のバグはプログラム回避できると思われます。

※開発モードの画面例

20170313_01

20170313_02

 

2.古いOSのセキュリティリスク

 

MRDBがインストールされたPCはXPが多いと思われます。
中にはセキュリティソフトを導入してweb系作業(メールなど)をする方もおられるでしょう。

しかし今やこの運用はリスクが大きく、できればネット接続はアンチウイルスソフトなどのアップデートのみにし、かつ定期的なウイルスチェックをお薦めします。

当たり前ですけど基本的にはサポート終了OSは使わない方が安全です。

 

3.PCあるいはファイルサーバーの老朽化

 

上記OS問題に関連しますが、もっともリスキーなのはハードウェア故障です。
なかでもハードディスクは消耗品なので、健康状態には特に注意してください。

さて、こまめにMDBファイルはバックアップを取っておられるとは思いますが、Windows再インストールからのMRDB導入は大変です。
(そもそもWindowsアップデートができなければ事実上無理)

そこで何はともあれ、まずは『AOMEI Backupper』でディスク丸ごとバックアップを取っておきましょう。そうすればハードディスク故障時には問題なくバックアップ時に戻せます。
なおリストア後の調整次第ではありますが、新環境に移行させることが可能な場合もあります。

いずれにしてもシステム丸ごとバックアップをとっておけば安心ですから、強く強くお勧めいたします。(当記事下部にリンクあり)

そのほかMRDBに限れば、使用している

1.「xxx.prj」(プロジェクトファイル)をエディターなどで開いて下記情報を確認し
2.「.mex」フォルダ
3.「.mdb」フォルダ
4.「xxx.ddd」ファイル
5.「xxx.rec」ファイル

の5つをバックアップしてください。
開発用インストールディスク(とアップデートパッチファイル)があればこれでリカバリできます。

なお1.4.5の「xxx」部分は共通ですが2、3は別名称になっていることが多いです。

※追記 2016/3/3
ユーザー独自の関数を使っていることもあるので、念のためMRDBインストールフォルダのバックアップもお勧めします。

※追記 2018/4/9
プロジェクトファイルは起動アイコンのプロパティでリンク先に記述してあります。

 

インストールディスク等があればWindows7に移行するのも一手

 

MRDBは7(以降)でも動くので、インストールディスクがあれば環境更新されることを強くお勧めします。主な不具合はこんなところです。

  1. インストールの最後にエラー表示されることがある
  2. デスクトップにショートカットが出来ない
  3. プログラムの追加削除に出ないのでアンインストールはスタートメニューから実行
  4. 全ての動作を保証するものではないため検証が必要

※追記 2018/8/28
Pathの変更が必要な場合があります。

あるいは7(以降)に『Vmware Player』などでXPの仮想化環境を作り、そこにインストールするか、『AOMEI Backupper』で丸ごと移行させる方法もあります。

次期システムに移行されるにせよ、まずは現行のMRDBシステムの安定稼働を優先させてから、じっくりと次の対応を検討するという考え方もあります。

 

お見積りまでの流れと費用目安

 

スラウギPCサービスでは遠隔で確認させていただくか、必要なファイルをお送りいただければ、表(テーブル)定義情報画像とサンプルcsvデータをお渡しできます。
このデータを確認いただき、変更点などのご希望をお聞きしてからお見積りいたします。

これまでの例では40表以上で構成されている例が多く、正式なお見積りは詳細解析させていただいてからとなります。(.MDBファイルの数ではありません)
ちなみに費用は15万円~30万円程度がボリュームゾーンです。

まずはお気軽に電話、メールでご相談くださいませ。
皆様のお役に立てますように。

※追記 2016/2/5
MRDBは開発効率が非常に高いため、内部は想像以上の処理(プログラム)数と複雑な構成になっている事が予想されます。
そのためシステム移行にあたっては事前に現システムの十分な調査をお勧めします。

※追記 2017/3/14
「畜犬管理システム」は金聖堂情報システムさんとの移行実績があります。

※追記 2018/4/10
MRDBの表データには半角カナや制御文字がデータ等に混入している場合がある点にも注意です。

※追記 2018/8/28
Windows 10 Home 1803 に移行して動作確認中。今のところ問題は出ていません。

 

ご参考

※元記事
MRDBのメンテナンスいたします!

※仮想化について
『VMware Player』でWindows8を仮想化してWindows7で動かす

※システムコピー
ディスクまるごとコピー 『AOMEI Backupper Standard Edition 2.0』

 

お問い合わせ先

 

 

 

« 下取用SIMなしiPhone4sのパスコードロックが外れずDFUモードで初期化 | トップページ | インターネットセキュリティと終活~楽しく便利で安全にPC・スマホ・タブレットを使う~ »

お仕事のご依頼」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/62904104

この記事へのトラックバック一覧です: MRDBの今後について延命策を考えてみる:

« 下取用SIMなしiPhone4sのパスコードロックが外れずDFUモードで初期化 | トップページ | インターネットセキュリティと終活~楽しく便利で安全にPC・スマホ・タブレットを使う~ »