« Windows上でパーティション操作 『AOMEI Partition Assistant Standard』 VersaPro VJ16M/FD-4修復 | トップページ | メールサーバー切り替え作業を承りました »

2015年11月16日 (月)

GWX.exeの停止 「Windows10を入手する」を消す2 Update回避

それでも繰り返し立ち上がる「GWX.exe」を止めるには

 

20151124_01

※画像クリックで拡大します↑
※追記 2015/11/24 追加するキーの位置が間違っていました。お詫びして画像を差し替えました。

 

『「Windows10を入手する」を消す』でご紹介したやり方では「GWX.exe」が消えずに復活してしまいました・・・ <=  記事要約 「KB3035583」の削除と非表示化

そこでweb情報を元にレジストリキーを追加したところ復活しなかったのでご紹介します。

しかしながら、レジストリの修正はWindowsが立ち上がらなくなるなど危険が伴います。
くれぐれも自己責任でお試しください。

手順概略

1.レジストリエディタを起動 (regedit)
2.画像左側「~Windows」で右クリックして「新規」-「キー」に『Gwx』を追加
3.『Gwx』で右クリックして「新規」-「DWORD(32ビット)値」に『DisableGwx』を追加
4.右ウインドウの『DisableGwx』で「修正」-「値のデータに『1』」で「OK」

※追記 2015/11/24

当エントリーは「マイナビニュース http://news.mynavi.jp/column/windows/344/」の記事をご紹介させていただきました。

追記 2016/3/17
それでも改善されない場合があることを確認しました。「KB3035583」は非表示にしても強制復活させられます。
そのときは「Windowsの最新バージョンを今すぐインストールします。」を消す

追記 2016/5/20
Windows10アップグレードが強制予約されたときの対策

 

お問い合わせ先

 

 

 

« Windows上でパーティション操作 『AOMEI Partition Assistant Standard』 VersaPro VJ16M/FD-4修復 | トップページ | メールサーバー切り替え作業を承りました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

きっと既にご存知と思いますが、
もっと簡単な方法をココに記入します。
要は、タスクトレイの表示を「非表示」にすれば
事は足りると思います。
1.右下の時計や「ウインドウズ10を入手する」アイコンの表示されている並びの
 一番左にある「△(上三角印)」をクリック
2.「カスタマイズ」クリック
3.「GWX」を「非表示」に設定するだだけ
これで、うっとおしい表示は消えます。
マウス操作だけなので、不慣れな人にも出来るかと思います。

すずき様
ご指摘の方法ですと表示されるたび実行しないといけません。
それでも良いのでしたら安全でベターな方法ですね。
ただ表示を消してもこの前から勝手に10のインストールファイルがダウンロードされる仕様になってしまったので、それも避けるための根本対策をご案内しております。
今後も拙blogをよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/62687683

この記事へのトラックバック一覧です: GWX.exeの停止 「Windows10を入手する」を消す2 Update回避:

« Windows上でパーティション操作 『AOMEI Partition Assistant Standard』 VersaPro VJ16M/FD-4修復 | トップページ | メールサーバー切り替え作業を承りました »

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ