« Windows10 デスクトップモードとタブレットモードの切り替え | トップページ | au iPhone5sをiOS8.4.1にしたらアチチ »

2015年8月 8日 (土)

X220 Windows7 SP1 64bitをWindows10にアップグレード(追記あり)

メインノートのThinkPadもアップグレードしてみる

※当記事は2015年8月時点のものです。

※追記 2015/8/14
CPU占有率30%超の不明なプロセス『Lenovo.Modern.ImController.PluginHost.exe 』が突然動き止まらないので7に戻しました。

※追記 2017/6/9
VMware Workstation Player v12.5 の仮想環境で 、Windows7クリーンインストール後Windows10アップグレードDiscにてライセンス認証できました。(あくまで実験)
(正規bios v1.43、X220ライセンスシールを10で再認証)

20170619_01

----- オリジナル記事ここから

20150808_01

 

サブ機のデスクトップPCをWindows10にアップグレードしてから約1週間。特に大きな問題もなく8.1環境を引き継げています。
また、未だインストールアプリが少ないからかもしれませんが、起動が早く動きも軽快なんですよ^^

元記事
・Windows8.1 64bitをWindows10にアップグレード

※8/10現在、Aomei BackupperでWin10起動状態から直接リストアできません!

 

というわけで、続いてはメインノートPCのThinkPad X220をアップデートしてみました。

※8/8現在、X220はWin7 SP1のみ動作検証済みでWin8.1は検証されておりません。
※9/4更新でX220そのものが対象で無くなりました。まぁ動きますが・・・
 
 ⇒ ThinkPad win10対応リスト(レノボサポートページにリンク)

主なスペックです。

OS:Win7 SP1 64bit 最新
CPU:Core i7-2620M
mem:DDR3 8GB
SSD:PLEXTOR PX128M5M + KRHK-mSATA/S7(SATA3変換アダプタ)

※このほかいろいろいじってるので、よろしければThinkPadカテゴリ、もしくはトップページから「X220」でブログ内検索してみてくださいね。

 

アップグレード前にメーカーページで確認を!

 

基本的な手順は上記エントリーと同様ですが、事前にレノボHPの機種別対応状況Windows10アップグレードガイドを確認します。

この中で、「Windows 10 へアップグレードする前にアンインストールする必要のあるアプリケーション」というのがあります。(以下抜粋引用)

・Corel WinDVD
・Lenovo Fingerprint Manager
・Lenovo Fingerprint Manager Pro
・Lenovo Fingerprint Reader/Password Vault
・Lenovo RapidBoot
・Rescue and Recovery(R)
・ThinkPad Power Manager
・ThinkVantage(R) Password Manager
・Touch Fingerprint Manager
・Touch Fingerprint Manager Pro

私は関連しそうな電源管理ユーティリティと指紋認証ユーティリティの削除(データは残す)をしました。

もしかしたら指紋認証ユーテリティはそのままでいいかも。アップデート後もユニットは問題なく動作しているので。

ここまできたらアップデートページからメッセージに従って完了するのを待つのみです。
なおBIOSは最新で、アップグレード時には有線LANを使うことをお忘れなく。

 

最後にアップデート後の作業

 

20150808_04

 

アップデート後は『Lenovo Dvice Experience』から『Lenovo ThinkVantage Tools』の「アップデートとドライバ」で2つのアプリをインストールしました。

 

20150808_05

 

20150808_06

 

この後再起動してアップグレード作業が無事終わりました。

2015080808

 

元々SSDなので動作は早かったのですけどサクサク感がさらに増しました。いい感じ!だけどまだアプリ全ての動作を確認していませんのでその点はご容赦ください。また何かあればご報告いたしますね。
それでは今日はこのへんで!

※追記 2015/8/22
このやり方だと不具合が出たため、2回目は
再アップデート後にLenovoサポートページでOSを10に指定し出てくるドライバーをインストール。
再起動したら再び8.1用指紋認証ソフトウェアと8用省電力ドライバをインストール。もろもろ不具合が解消した模様です。

※追記 2015/8/26
シャットダウン後、半日ぐらいしてから指紋認証で立ち上げるとWindowsマークでハングすることがありますが少し待つと復帰します。電源ボタンでは問題ありません。

※追記 2015/9/1
上記に関連しますが、Win10は電源offから指紋認証で立ち上げてもログイン画面で止まります。

※追記 20:30 修正8/9 6:30
シャットダウンした後、指紋認証で起動するとウインドウズロゴマークでハングします。電源ボタンで起動すれば問題ありません。またいずれにしてもこの画面で止まり再度認証が必要です。

※追記 8/10
マイクミュートボタンが効きません。


※追記 8/14
CPU占有率30%超の不明なプロセス『Lenovo.Modern.ImController.PluginHost.exe 』が突然動き止まらないので7に戻しました。

20150814

「通知-すべての設定-更新とセキュリティ-回復-Windows7に戻す」

数分で戻りますが巨大なワークファイルが2個残るのでAomeiBackUpperでリストアしました。しばらく様子を見て、いずれまたアップグレードしようと思います。
なお自作デスクトップは何も問題無く快適です。

 

※2016/3/6 過去記事リンクを追記編集

・作業前のディスクイメージバックアップ
ディスクまるごとバックアップ 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

・以前の状態に戻すディスクイメージリストア
ディスクまるごとリストア 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

・HDDやSSDに交換するときに使うディスククローン
ディスクまるごとコピー 『AOMEI Backupper Standard Edition 2.0』

 

お問い合わせ先

 

 

 

« Windows10 デスクトップモードとタブレットモードの切り替え | トップページ | au iPhone5sをiOS8.4.1にしたらアチチ »

ThinkPad」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

WiDiは必要なかったんですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/62042394

この記事へのトラックバック一覧です: X220 Windows7 SP1 64bitをWindows10にアップグレード(追記あり):

« Windows10 デスクトップモードとタブレットモードの切り替え | トップページ | au iPhone5sをiOS8.4.1にしたらアチチ »

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ