« ノートンユーザーでインターネットエクスプローラが動かないとき | トップページ | 志木カルチャーセンター『2015春のiPhone・iPad講座』のご案内 »

2015年3月 6日 (金)

SONY VAIO VPCF139FJ/BIの修復

いまだ色褪せぬ2010年発売のフラッグシップ機!

 

20150306_01

 

知人はVPCF139FJ/BIを5年間使用してきましたが、このところ動作が遅く、また作業中ファンから爆音がして作業に支障が出るようになったそうで、このたび買い替えにあたりHDDを抜いて譲ってくれました。

もともと高スペックで発熱が多く、したがってファンの排気音もそれなりという評判がネットで散見されますが、さてどこまで復活できるでしょうか?

詳しいスペックはSONYのホームページをご覧ください。

 

とりあえず分解して内部のホコリ取りから

 

20150306_02

 

エアダスターと掃除機でホコリ取りした直後の画像。
分解はネジの数こそ多めですが比較的簡単に下側カバーが外せます。
ネットに多くの分解報告があるので詳細はそちらをご覧くださいませ。

※メモリースロット脇についているフィルムケーブルを外すとき、プラスチックのストッパーを折らぬよう気を付けてください。
※DVDユニット下に3本、バッテリー下に2本ネジありです。

続いて赤丸8か所のネジを取り、冷却ユニットを外します。

 

経年変化でグリスがカチカチに劣化!

 

20150306_03

 

ファンの羽についている白い粉上のチリもエアダスターで飛ばします。
このとき奥深くノズルを入れたところ綿ホコリがたっぷり出てきました^^;

これはクリーニング効果が期待できるぞ!と思ったのもつかの間。
次の作業で閉口しました。

 

20150306_04

CPU、GPU冷却部分はグリスがカチカチに固まっていてアルコールで拭いても取れません。

最終的には金属ヘラでこそぎ落とし、台所用のメラミンスポンジにアルコールを染み込ませ磨き上げてきれいにしました。

・・・ゆうに30分オーバー^^;

きれいになったところでシリコングリスを薄く塗りなおして組み戻します。
私が使っているのはAINEX シルバーグリス [AS05]。

 

 

ストレージはSSDでなくHDDを選択

 

発熱を抑えスピードアップを図るにはSSDが有効ですが、手持ちは容量128GBのものしかありません。

それを使うとするとオリジナルHDDが500GBなのでリカバリー時に容量不足、あるいは同容量でないと弾かれる可能性があります。

またマザーボードがSATA2.0(MAX3Gbps)と一昔前の仕様なので、最新SATA3.0対応大容量SSDを新規に買うのはさすがにためらわれました。

そこでまずは安価な500GBのHDDにリカバリディスクからリカバリーし、各種チューニング後のデータ容量と発熱状況を見て、使えるなら「AOMEI Backupper」で128GBのSSDにクローンすることにしました。(実際には50GB程度で収まってます)

結局万一も想定し、ノートPCに流用できるようウェスタンデジタル『WD5000LPVX』 SATA3.0、500GB、7mm厚を選択しました。
※SATA2.0でもHDDなら体感速度はそう変わりません。

 

 

※ディスククローンについてはこちらのエントリをご覧ください。

・ディスクまるごとコピー 『AOMEI Backupper Standard Edition 2.0』

 

ついで?に、手持ちの8GBメモリー×2枚に換装して16GBにしました。
問題なく認識しています。
だからと言って目に見えて通常処理が早くなるということではありませんが。

↓このひとつ前のモデルです。

 

 

リカバリーとチューニングが終わり

 

20150306_05

 

室温20℃くらいで立ち上げ数分後。

この状態ではファンは回るものの静かで全く気になりません。

CPU温度が48℃くらいからファンの風切音が聞こえ始めますが、Blu-ray再生中でも、まぁこんなものかなというぐらいの大きさです。
それより、コントロールが細やかすぎ、音の大小そのものより、ファン回転数の不規則変動感が少々気になるかもw

なおBIOSアップデート時は最高速になり、本当に爆音でビックリしました^^;

このように内部ハードクリーニングで物理発熱はある程度下げられます。
一方、リカバリ直後は常駐アプリが多く、ソフト的な負荷軽減対策もしないと効果が少ないかもしれないと感じました。

でもでも、何と言ってもAdobe RGB カバー率 100%を誇る[VAIOディスプレイプレミアム]は素晴らしいの一言!
静止画系作業用に重宝しそうです。

以上、ちょっとジャジャ馬っぽいけど、最近のPCには珍しく個性ある、まさにVAIOらしい製品だなぁと思いました。
発熱、騒音でお悩みでしたら、ぜひHDD交換も含めたメンテナンスをお勧めしたい機種です。

このたびは確定申告そっちのけで楽しんでしまいました、ははw

ではみなさま快適なPCライフを!

 

お問い合わせ先

 

 

 

« ノートンユーザーでインターネットエクスプローラが動かないとき | トップページ | 志木カルチャーセンター『2015春のiPhone・iPad講座』のご案内 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

凄い
流石!
私もノートパソコン貰ったやつ
あるのですが
メモリ1G
なので・・・インターネットもイライラw

PADさんご無沙汰してます。いえいえ、あなた様こそ楽勝でしょうv
ちょうどBlu-rayプレイヤーを探していたところだったので助かりました。
メモリーが少ないならLinuxのubuntu32bit版でも入れてみたらいかがでしょう?
インストールも簡単ですしオススメです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/61238654

この記事へのトラックバック一覧です: SONY VAIO VPCF139FJ/BIの修復:

« ノートンユーザーでインターネットエクスプローラが動かないとき | トップページ | 志木カルチャーセンター『2015春のiPhone・iPad講座』のご案内 »

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ