« 2013/11/11訂正 007Zから203Zに乗り換えるとサブエリアの最大速度低下と帯域制限基準変更ですって! | トップページ | Facebookアカウントの乗っ取りにご用心! »

2013年8月 5日 (月)

お子さんとパソコンを共有してたら要注意! スクウェア・エニックスのフィッシング詐欺サイト

ますます巧妙化するフィッシング詐欺!

 

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーシリーズなどで知られるスクウェア・エニックス。
ここに会員登録しているお子さんは多いと思われます。
これまでフィッシング詐欺は直接お金がからむ大人向けサイトの偽装がほとんどでしたが、とうとう「普通のお子さん」まで下りてきたかと、正直戦慄しました。

しかしアンチウイルスソフトを常に最新にし、ウインドウズアップデートでほぼ防御できますからご安心ください。
夏休みも真っ盛りですし、手遅れになる前に対策されますようご注意ください。

偽装サイト誘導の手口です。

1.パスワード再設定手続き案内メールが届く(2例)

Virus0808_02_2

Virus0808_03_2

 

※ 手口を変えたメール。なおgmailでは迷惑メールに振り分けられていて、仮に開いてもこのように警告されます。

2.再登録リンクをクリックさせ偽装サイトに誘導


Virus0808_01

Firefox 22.0が検知した偽装サイトの警告。
インターネットエクスプローラやクロームなどでも、最新の状態にしていれば警告表示されるはず。
スクウェア・エニックスHPにも警告が出ています。

3.ログイン画面が表示され、ID:PWを入力させられる

さすがにここから先に進む気はないのですが、突撃した勇気ある素晴らしき先達がいらっしゃいました!
どうなるかは『スクエニ名乗る『フィッシングサイト』に釣られ早速登録してみた』でご確認ください。

ということで、フィッシング詐欺やウイルスにやられぬよう、対策の一例をまとめておきますね。

【基本】
・ウインドウズアップデートで常にシステムを最新に
・java6は危険なのでアンインストールして7にする、もしくは入れない
・ブラウザやadobe系アプリは最新に
・アンチウイルスソフトは自動更新にして常に最新の状態を保つ

【メール運用】
・Gmailなど、迷惑メールフィルタが強力なwebメールを利用する
・迷惑メールフォルダは基本さわらず、送信者から問い合わせがあったときのみ開く
・迷惑メールとされたID:PWに関するメールは詐欺と考え、迷ったら正規サイトで確認

以上です。パソコンは安全に楽しく使いましょう。

P.S
今回は知人からの問い合わせで、いつもなら見ない迷惑メールフォルダを開いたら、たまたまそこに別の知人からのメールがあり、その流れで他のを見たらこんなのが数通来ていて気付いた次第です。

くわばらくわばら

 


追記 2014/1/8
セキュリティ関連はこちらのエントリも是非ご覧くださいませ。
・【三菱東京UFJ銀行】を名乗るフィッシング詐欺メール
・Facebookアカウントの乗っ取りにご用心!


お問い合わせ先

 

 

 

« 2013/11/11訂正 007Zから203Zに乗り換えるとサブエリアの最大速度低下と帯域制限基準変更ですって! | トップページ | Facebookアカウントの乗っ取りにご用心! »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

私の友達 同じことを2回も
引っ掛ったw

「画像」や「広告」などをクリックしただけで、利用料金を請求されるやつです。
しかもポップアップウィンドウが消しても
再起動するとまた出てくるやつ

彼から電話があり「これ払えば見れるんですよね」と言う始末w
彼の家に行ってシステム復帰して直ったのですが
「もう、変なサイト見るのやめろ」忠告したのですが
同じことをまたやり、 しかも1年間ほったらかしポップウインドウが出たままw
流石に私に「どうしたらいい?」聞きに来て1年間もパソコンを起動するたびに出る
エロウインドウ
それも凄いことですが(苦笑)
あきれた私は、今度は自分でなとかしなさい!怒った
彼はリカバリーしたようですw

こんな事で金儲けしてる奴らは許せないですよね!

padさん、お怒りごもっとも!
これって仕掛けた側はもちろんですけど、引っかかった(失礼)方もマズイですよね。

このような対(反)応だと、自分がいわゆる「踏み台」にされ、悪意ある人に利用されてしまう危険があります。
一歩間違えれば(事実として捜査側の知識不足のため)、この前の某大学生のように誤認逮捕されてしまうというリスクがあることに気づいていませんよね。

好むと好まざるとにかかわらず、今やネットを使う人は誰でも(世界的に)責任を問われる可能性がある時代に入ってしまったということですね、悲しいけど、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/57931544

この記事へのトラックバック一覧です: お子さんとパソコンを共有してたら要注意! スクウェア・エニックスのフィッシング詐欺サイト:

« 2013/11/11訂正 007Zから203Zに乗り換えるとサブエリアの最大速度低下と帯域制限基準変更ですって! | トップページ | Facebookアカウントの乗っ取りにご用心! »

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ