« 『Reflector』で『iPhone4s・iPhone5・新しいiPad』の画面を ThinkPad X220に映す | トップページ | 行きつけの床屋「ヤマモト」さんが貼ってくださった営業ご案内ビラ »

2013年2月11日 (月)

『PX-128M5M』使ってみたらアチチ X220の分解方法

最新mSATAに期待したのですが・・・

 

Plex01 Plex02

発売されたばかりのPlextor 最新mSATA 「PX-128M5M」を秋葉の「ark」で入手し、早速X220で使ってみました。

このモジュールは高速・低消費電力、わずか9gと軽量の高性能 mSATA 6 Gb/s SSD です。詳細はプレクスターの商品説明ページでご確認ください。

すでにCrucial m4 CT128M4SSD1に換装済みで速度には満足していますが、来月10日ほど出張するため少しでもバッテリーを保たせたく、人柱覚悟で換装してみました。

さて今回は結論からいきます。

mSATAの位置がちょうどパームレストの右手下になり、熱くて長時間使うのは厳しく、結局あきらめました(涙)。

 

追記 2013/5/20
ファームウェア1.03で改善されました。
長時間の動画エンコードでも爆熱になりません(^^)v
詳しくは『PX-128M5M』 発熱問題改善!?をご覧ください。

 

なお公称速度はリード最大540MB/s、ライト最大320MB/sとなっているものの、CrystalDiskMarkでは両者ともmax 240MB/sほどで、ことリードはCT128M4SSD1の半分ほどでした、なして??

Plex4

 

追記 2013/9/16
『PX-128M5M』 SATA変換アダプタでスピードアップのエントリを書きました。

Kurom5m
追記 2013/6/10
X220のmSATAはSATA2なのでMAX 3.0GB/sでした(^^;

 

逆にライトは倍位早く、大容量書き込みでその威力が実感できます。
バックアップ用に使っている「Acronis True Image Home」(今は「True Image 2013 Plus by Acronis」) でクローン化したところ、128GBがわずか5分で作成できました。
激ッ早ッ!

 

Plex07

それだけに発熱さえなければという思いが募ります(xx)
あるいはマザボのモジュール位置さえ違っていればなぁ・・・とかね。

なお大容量ファイルの取り扱いでなければ実用上、体感的違いはさほど感じられません。

 


『X220』の分解手順

 

ということでひとまず断念しましたが、せっかくなのでこれまで他サイトさんにお任せだった分解方法などをアップしますね。
なおくれぐれも分解は自己責任でお願いします。

まずキーボードとパームレストを外します。赤丸部分のネジ7箇所を外してください。

 

Plex03

次にひっくり返して薄いプラスチックカードをこの位置あたりに入れ、液晶方向に軽く押して隙間を作ります。

 

Plex04

 

左側Ctrlキー下部も同じようするとキーボードが上にずれて裏返せます。
※液晶保護のため間に紙を挟むことをお勧めします。

 

Plex05

パームレストを外します。左右液晶側から、やさしくツメを外しながら少しずつ持ち上げます。
右側はリボンケーブルがあるので、一気に大きく持ち上げないようご注意ください。
※デジカメを持っていたため左手だけが写っていますが実際は両手で持ち上げてます。

 

Plex06

あとは冒頭の位置にセットするのみです。
画像左手方向に差し込み、マザボに付いているネジで液晶側のカドを固定します。
なおアンテナ線は抜いてから作業しましょう。

そしてこの逆手順で組み戻しますがネジの締めすぎにはご注意ください。
基本は対角線の順で軽く締めていき、7本セットしたら増し締めします。
あとは起動確認して終わりです。

 

追記 2013/2/16
T420SはmSATAスロットがキーボード下部で、底面のネジ1本外せばセットできます。

 

 

お問い合わせ先

 

 

 

« 『Reflector』で『iPhone4s・iPhone5・新しいiPad』の画面を ThinkPad X220に映す | トップページ | 行きつけの床屋「ヤマモト」さんが貼ってくださった営業ご案内ビラ »

ThinkPad」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/56743383

この記事へのトラックバック一覧です: 『PX-128M5M』使ってみたらアチチ X220の分解方法:

« 『Reflector』で『iPhone4s・iPhone5・新しいiPad』の画面を ThinkPad X220に映す | トップページ | 行きつけの床屋「ヤマモト」さんが貼ってくださった営業ご案内ビラ »

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ