« 料金ご案内と個人情報の取り扱いについて | トップページ | CFP®エントリー研修修了しました »

2012年2月19日 (日)

X220 Crucial m4 CT128M4SSD1換装

SATAⅢのSSDは別次元のスピード

Img_0576

128GBのSSD CFD CSSD-PMM128WJ2 に換装したレッツノートCF-R5L
はモバイルマシンとしてとても重宝してます。
一方、core-i7 2620M、64bit win7、メモリ8GB、HDD7200rpm320GBと、スペック的には圧勝なX220は、遅くはないのだけれど今や早くも感じません、とほほ。
SSDの耐久性を考えHDDモデルを選びましたが、日ごと理不尽募ります。<-都はるみ風で♪

また当blogの更新頻度も増やしたいのですが、いかんせんR5Lのキーボードは自分には小さすぎ、X220で快適なモバイル作業環境を作りたいと思い立ちました。

しかしlenovoメルマガ特売情報では、たしかに本体は激安の時もあるのに周辺機器、特に純正SSDは安くありません。
160GBのインテルX-25Mが5万3千円ちょっと、128GBの(サムソン?)SSDで4万円ちょっと。
セールで8掛けになっても、純正とはいえSATAⅢ(3)じゃないのに、この価格ではウームですよね。

そんな折、定評ある Crucial m4 CT128M4SSD2の7mm厚版 Crucial m4 CT128M4SSD1が発売され、カラ割り(はずし?)なしでX220に換装でき速度も出るとの先達情報を発見しました。
ちょうどツクモネットショップで13,970円(税、送料込)になったのでポチり、翌日到着したので早速作業開始。

※SSD2とSSD1の中身は同一で厚さが違うのみとのこと。(2:9mm、1:7mm)
※このSSDはバージョンによってはファームウェアバグがあり、アップデート対応策が示されています。->各販売店情報ご参照

追記 2013/2/12
クルーシャルのHPに最新ファーム(040H)アップデートプログラムが掲載されています。
Win7,8なら自己解凍でアップデートできます。(自己責任でお願いします)
「マグマ大使の道具箱」さんのこのページが分かりやすいです。

届いたSSDはアップデート済みでした。

 

分解そのものは簡単ですが

 

Img_0580

作業はいたって簡単。
HDDカバーのネジを一本はずすとカバーが外れます(写真右下)。
そしてHDDマウンターの黒いビニールベロを引っ張るとこのとおり。
あとはHDDをマウンターに止めているネジ4本をはずしてSSDに交換するだけ。

が、
この作業は注意が必要です!

安いドライバを使うとネジ山が潰れたりとか、まっすぐにネジ込まないとストレージ側の受け口を潰したりするのでご注意ください。
このネジはかなり固く締まっていて、はめ込むときも少し力がいります。

Img_0583

マウンタにセットしたら逆手順で組み込み完成。

 


リカバリーディスクでクリーンインストール

 

続いてシステムセットアップに入りますが、SSDはOSのクリーンインストールをお奨めします。
ツールを使うと最初は良くても後に違和感が出ることがあるからです。
少し汗をかいてもマニュアル移行が良いんじゃないでしょうか。

ちなみにgmail等のwebメールなら移行は無いですし、ブラウザ情報はXmarksで簡単に移せます。
データはDropboxやYahoo!ボックスなどのクラウドストレージサービスを利用すれば楽です。
ただし安全管理上問題あるデータはオフラインでやりましょうね。

というわけで今回は「Lenovo ThinkVantage Tools」の「Factory Recovery Disk」を使ってDVD3枚のリカバリディスク作ることにしました。
ひとつ注意することとして、DVDメディアは「リカバリ1」、「リカバリ2」、「リカバリ3」でなく、「リカバリディスク」と「データリカバリの1と2」とした方がよろしいかと。

よく説明を読まずに作ったらリストア時に「DVDが違う」と怒られ、あせった自分がいます(^^;

こうしてSSDに換装したX220のレスポンスは素晴らしく、時間のかかるWindows updateもどんどんこなせるため、再セットアップがさくさく進みます。
ひと通り済んだのでベンチマークをとってみました。

X220ssd1

v(^^)v

純正の日立HTS723232A7A364(SATA320GB-7200rpm)

Ws_x220

※ご参考 純正X-25M 160GB SSDのベンチはこちらのサイトをご覧ください。

換装後のウインドウズエクスペリエンス

X220ssd2
SSDは現行maxの7.9!
あとは耐久性ですが、こればっかりは使ってみないことにわかりませんなぁ。

でも、でも、とても快適なんですが、ココログで記事書くときには縦解像度がもう少し欲しいなぁw
レッツの新型ポチ?ww

とりあえず大満足の換装でした。

追記 2012/2/27
バッテリーのもちがイメージに近い長さになり、大容量バッテリーなら終日安心して使える感じです。

追記 2012/5/5
有線LANアダプタの電源の管理で「スタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックを外さないとバッテリーの減りが早いのでご注意。

X220_11

追記 2013/7/7
mSATA換装とX220分解のエントリ・「X220 Plextor mSATA 『PX-128M5M』の使用雑感」

 

 

お問い合わせ先

 

 

 

« 料金ご案内と個人情報の取り扱いについて | トップページ | CFP®エントリー研修修了しました »

ThinkPad」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/54023031

この記事へのトラックバック一覧です: X220 Crucial m4 CT128M4SSD1換装:

« 料金ご案内と個人情報の取り扱いについて | トップページ | CFP®エントリー研修修了しました »

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ