« CFP®(ファイナンシャルプランナー)試験合格しました | トップページ | 合格めざして! AFP試験直前対策編(冬季受験版) »

2012年1月 9日 (月)

合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-AFPクリア編

齢50にして人生初めての資格試験にチャレンジ!

 

いよいよ今年最初の2級・3級FP技能検定が22日に迫ってきました。
ファイナンシャルプランナー受験生の皆様におかれましては最後の追い込み期と存じますが、体調に気をつけ合格めざして頑張ってください!

このエントリは、50歳の門外漢、私スラウギこと原が早期退職後の約1年半の間に、AFP-宅建-CFP®資格試験合格において実践した勉強方法などをお伝えしたいと思います。

勉強中は記憶力の圧倒的な衰えに泣きつつも、そこはそれ約30年にわたるサラリーマン生活で身に着けた知恵(というほどでもありませんけど)と度胸で試験はクリアできました。
これからチャレンジされる方、特に40代以降の皆様の参考になると幸いです。

 

追記 3/26
いずれCFP®を目指すなら2級で基礎をしっかり抑えましょう!
CFP®試験では基礎のちょっとしたヒネリがポイントになることがあるからです。

 

試験対策の前に

 

まずはカタチが大切です。なにはともあれ実務電卓を用意しましょう。

 

Img_0524

 

かく言う自分も最初は家にあった千円ぐらいのを使ってました。
が、キータッチと入力が一致しないことが多く、早く正確な計算が必要なFP試験に耐えられず買い替えました。
この電卓は、計算が非常に多いCFP®試験でも安心して使えたCASIOのDS-20WKです。このクラスの実務電卓をオススメします。

安いのや小さいのを使うとホント泣きますからご注意!

 

 

続いて備忘録なぞ。

1.学科が4択だからといって安心しない

  確率4分の1とはランダム選択時の机上論です。
  また振り返って考えると、答えに迷った問題が合っていたことは、勉強が進めば進むほどありませんでした。
  基本は一発必中。

2.問題文は深読みしない


  引っ掛けもありますが、AFP試験では多くはありません。
  むしろありえないように思える問題設定に、社会人経験が長いほど惑わされることがあります。
  問題文の設定は素直に受け入れましょう。

3.たまには良い客層の図書館で勉強する

  長い時間集中することは難しいし、一日家で机に座っているのは苦行です。
  私の場合は家から遠い川越図書館通いをしました。
  ここで勉強している人のほとんどは川高生と思われ、若者の澄んだ緊張感がとても刺激になりました。

4.無理しない、けどあきらめない


  そもそも勉強する習慣というかやり方を忘れています。
  はじめは昨日覚えた問題を翌日さっぱり思い出せず相当イラだちます。
  それもまた今の自分、現実です。遠い昔の影を重ねてはいけません。
  時が解決するので

  とりあえず今は、ありのままの自分を受け入れましょう。
  

            ↑これが最初の試練

 


資格講座で五里霧中

 

私は3級を受験せず、費用対効果を考えTACのAFP教室講座を受講しました。
振り返るとAFP(2級FP技能士)合格までの道のりは、その後の宅建主任、CFP®資格試験などに比べ、精神的に最もきつかった印象があります。

なんといってもFP6分野の試験範囲は膨大で、基礎知識を覚えるまでが五里霧中。
覚えては忘れ、3歩進んで2歩半戻るの繰り返し。
はじめて受験される方もこのような感じではないでしょうか?

でも最初は用語や制度を覚える期間ですから、講義を聴くなりテキストを読むなり、地道に努力を重ねるしかありません。
ただし、この時期は深入りしすぎないのがコツ。

AFP試験なら6割取れば合格できるので、4割間違っても大丈夫。
ですから本番では満点防止用の難問や見たこともないような設問を、あえて、捨てる勇気が必要です。
(現実的には出来るだけ苦手科目を作らず、満遍なく過去問8割の正答率を目指せば、本番で6割以上取れると思います。

少し考えても分からない問題は飛ばし、迷わず先に進みましょう!

重要な論点は何度も出てきて後に分かるようになるので、今悩むことはありません。

 

 

自分で過去問を解き始めたら、光が徐々に見え始め・・・

 

次に、試験2ヶ月前までにはテキストを離れ過去問演習を始めましょう。
解説付きのwebサイトや問題集を利用し、過去問と解説文に慣れ(というより記憶し)ながら、AFPですと過去6回2年分を、できれば6まわりさせることを目標にします。
6回分×6まわり=全36回のチャレンジ。

過去問は最新回から前回へと進めていき、終わったら今度は最終回から最新回に戻ります。
こうして2往復、合計4まわりする頃には、最新回の正答率が合格ラインの6割を越えるようになっていることでしょう。

なお間違えた問題番号には×マークを付け後で分かるようにしておきます。
イージーミスだからと抜いてはいけません。
簡単そうな問題ほど繰り返し間違えることが多いですよ。

ところで最初の1まわり目は解説を読んでもさっぱり分からず

ナニコレ(;;)


と涙目になるやもしれません。
しかも各回を解く(読む)のに一日は楽にかかると思われます。

それが普通。


でもここからがヤマ場なので、じっくり解説を読み、分からなければ必ずテキストに戻って確認してください。
決して端折ってはいけません。

辛抱我慢!

 

【参考 オススメサイト】
・ファイナンシャルプランナーになる! 2級FP技能士無料ポイント講座
分かりやすく丁寧な解説が素晴らしいです。
日本FP協会の試験情報HP
過去問と解答がDLできます。

 


模擬試験はとても大切!

 

本試験の1ヶ月前に資格学校で開催される会場模擬試験はできるだけ受けましょう。
特に独学の方は必須

それは法令改正に関する部分が含まれること、解答のペース配分、あるいは会場に鳴り響く電卓の爆音を体験でき、本番さながらの雰囲気を味わえるからです。
また本番同様のA4縦に印刷された版面を見て、空きスペースに書く計算式の文字の大きさが分かります。

さて試験結果はさほど気にせずOK。
万一思ったように点が伸びずとも、ここから十分挽回可能!
実際自分は後のCFP®模試も含め、ほとんどの課目で合格可否判定が真ん中より下でした(^^;
ここで落ち込まず、解答・解説を何度も読み返し、間違った理由をしっかり押さえることが大切です。
なお疲れが出る頃なので、模試が終わった後の2、3日は休養デーとし、リフレッシュされたらいかがでしょう?

 

そして最終追い込みは?

 

ここまできたらもうひと踏ん張りですから頑張って!
まずはノートを一冊用意してください。
今度は過去問を古い回から2度ずつ解いて新しい回へ遡っていきます。
解くのは×マークが付いた問題のみにし、ノートには問題番号と計算式、解答を記入します。

ここで間違っていたら赤ペンでメモ程度にポイントを短く記入しましょう。
長い文章はNG。この赤字を見て問題文が思い出せるようになれば最高です。
続いて同じ回をもう一度やり、間違いを再確認して次の回に移ります。

さてこのとき「今さらの大勘違い」が見つかることがあります。

そのときは類似問題を探して再確認してください。
これがあれば、学習深度十分です!

以上、お疲れさまでした。
ここまでくれば本試験で8割以上は取れる実力がついているはず。
自信を持って本番に臨んでください。

 

追記 2012/3/24
2度めに間違えた問題や苦手な問題はA4用紙にまとめておきます。
試験が近づいたらこれを繰り返し解き、それでもできなかった問題をまた別紙に書き写し、これを繰り返すことで枚数を減らしていきます。

20160531_10

なおスキャナでテキストを抽出・加工すると転記の時間を短縮できます。
私はiPhoneにも入れ、電車移動中見てました。

追伸

お酒は脳細胞を破壊するようです。自分は試験前1週間は断酒しました。(普段は年360日飲んでまーす)
それから試験前日は早く寝ましょう。自分は8時には寝ましたw(前々日の夜更かしが有効かも)

追伸2
TACの月井・児玉・飯塚先生、どうもありがとうございました。

 

追記 2015/9/8
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-FP試験直前対策まとめ編

関連リンク
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-CFP®クリア編
・合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-宅建主任クリア編

 

お問い合わせ先

 

 

 

« CFP®(ファイナンシャルプランナー)試験合格しました | トップページ | 合格めざして! AFP試験直前対策編(冬季受験版) »

ファイナンシャルプランナー」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577133/53694368

この記事へのトラックバック一覧です: 合格めざして! 過去問ぐるぐる大作戦-AFPクリア編:

« CFP®(ファイナンシャルプランナー)試験合格しました | トップページ | 合格めざして! AFP試験直前対策編(冬季受験版) »

スポンサードリンク


リンク

CFPⓇとは?

  • CFPロゴマーク

    ※ CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

amazonサーチ